デザイナーのヴィクトリア・ベッカムが、過去に所属していたガールズグループ、スパイス・ガールズの再結成ツアーになぜ参加しなかったのかを明かした。(フロントロウ編集部)

ヴィクトリアがツアーに参加しなかった理由は?

 現在はデザイナーとして活躍するヴィクトリア・ベッカムといえば、元々90年代に一世を風靡したイギリスのガールズグループ、スパイス・ガールズの一員として活躍。2001年のグループの活動休止以降、2007~2008年の再結成ツアーに参加し、2012年のロンドン・オリンピックの開会式での一夜限りのパフォーマンスをメンバーと共に披露した。

画像: ヴィクトリアがツアーに参加しなかった理由は?

 しかし、2019年に行なわれた再結成ツアーにはヴィクトリアは不参加。自身のブランドを含めたファッション事業に専念するためにツアーには参加しなかったと見られていたヴィクトリアだけれど、改めて再結成ツアーに参加しなかった理由を明かした。

 ヴィクトリアは「スパイス・ガールズともう一度ツアーを周らないということは、私にとってかなり勇気がいることだったし、『私はツアーに参加しない、昔とは気持ちが変わってしまった』と言わなければならなかった」と明かし、「家族や会社のことにもっと集中したかった。私は今45歳で、自分のような女性でいられることがとても嬉しいの」と、独Vogueで再結成ツアーに参加しなかった理由を語った。

 ヴィクトリアは、「自分は参加しなくてもショーは見に行くわ」と、ツアーがはじまる前にTheGuardianに語っていたけれど、実際に6月で終了したツアーの会場には足を運んでおらず、再結成ツアーで5人揃った姿を見ることは出来なかった。

 10年以上デザイナーとして活躍し、ファッション業界でも認められる存在になっているヴィクトリア。2018年2月にスパイス・ガールズ5人が集まった写真をSNSにアップしてファンは大喜びだったけれど、ヴィクトリアが再びエンタメの世界に呼び寄せることは一筋縄ではいかなさそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.