故郷バルバドス諸島で、シンガーのリアーナが自ら車を運転している姿を発見。リアーナが乗っていた車は、日本のメーカーのものだった。(フロントロウ編集部)

リアーナの愛車は日本車

 総資産600億円以上と言われるリアーナが、地元に戻ったときに超庶民派な一面を見せた。母国バルバドス諸島で休暇を過ごしていたリアーナは、珍しく自らハンドルを握り運転。

 その時乗っていた車は、フェラーリやポルシェといった高級車ではなく、なんと日本のスズキのジムニー。

画像1: リアーナの愛車は日本車
画像2: リアーナの愛車は日本車

 こっそりお忍びで日本を訪れるほど親日家のリアーナは、日本車のジムニーに乗りながら、故郷バルバドスを満喫。そしてファンに声をかけられた時には、車の中から手を振ってあげるというファンサービスまでしていた。

画像3: リアーナの愛車は日本車

 ちなみに今回リアーナが乗っていたジムニーは、2012年にはすでに乗っており、今や最も稼ぐ女性アーティストとなったリアーナが、7年以上も同じ日本車に乗り続けているとは、かなり親近感が沸く。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.