人気シリーズ『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』のヒロインを演じ、大ヒットシリーズのSFスリラー映画『メイズ・ランナー』に出演していたカヤ・スコデラリオが出演するサバイバルスリラー『クロール ―凶暴領域―』が10月11日に日本で公開される。(フロントロウ編集部)

映画批評サイトで好評

 『クロール ―凶暴領域―』はアメリカで公開直後に、厳しい評価で知られる映画批評サイトRotten Tomatoes(ロッテントマト)で100点満点を獲得し、話題になったサバイバルスリラー。

 主演を務めるのは、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』やSFスリラー映画『メイズ・ランナー』のカヤ・スコデラリオ。

画像: 映画批評サイトで好評

 今作では、最大級のハリケーンに襲われたフロリダの避難区域で父を探しにきたカヤ演じる主人公ヘイリーが、浸水のタイムリミットが迫る中、地球最強の捕食生物=ワニと対峙する姿が描かれている。

 誰も助けに来ない最悪の状況の中、果たしてヘイリーはワニの巣窟と化してしまった思い出の我が家から、生きて脱出することが出来るのか…。

日本版予告編とポスタービジュアルも解禁!

 全国公開日決定と同時に日本版予告編とポスタービジュアルも解禁。

画像: 『クロール ―凶暴領域―』日本版予告編 www.youtube.com

『クロール ―凶暴領域―』日本版予告編

www.youtube.com
画像: 日本版予告編とポスタービジュアルも解禁!

 ポスタービジュアルに描かれている、水中にうごめく巨大なワニに怯えながら、水上に浮かぶボートの残骸に避難するカヤ演じるヘイリーの様子からも緊張感が伝わってくる。

 開始早々から一瞬たりとも気の抜けない展開と、上映時間が進むにつれ危険度が増していく脅威は、10月11日から劇場で堪能することができる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.