アマゾンのCEOジェフ・ベゾスと離婚して世界で4番目の女性富豪になったマッケンジー・ベゾスのもとに、あるメッセージが多く届いている。(フロントロウ編集部)

離婚で世界4番目の女性富豪に

 今年2019年に、25年の結婚生活を経て離婚したアマゾンのCEOジェフ・ベゾスと、マッケンジー・ベゾス。

 この離婚によりマッケンジーは、アマゾンの株4%を受け取った。たった4%と思うかもしれないけれど、アマゾンはジェフを世界一の富豪に押し上げたほどの大企業。マッケンジーが受け取った4%の価値は、なんと4兆円に上る。

画像: 離婚で世界4番目の女性富豪に

 これによって、マッケンジーはなんと、世界で4番目の女性富豪になった。

男性たちがツイッターで求愛合戦

 そんなマッケンジーの人生に離婚と共に舞い込んでいるのが、不特定多数の男性からのラブアプローチ。

 現在、マッケンジーが離婚の成立を発表したツイートのコメント欄には、我こそはと自信を見せる男性からのアピールが殺到している。

 「元気?」

 「俺のDMは開いてるよ」

 「ハロー(GIFつき)」

 「君にはもっと良い男がお似合いだよ。ところでDM送ってくれる?」

 こんなコメントがずらりと並んだマッケンジーのコメント欄は、まるでナンパの例文集のような状態。なかには、ジムで鍛える自身の写真を添えた男性までいる。

 さらにある人は、マッケンジーをナンパするためだけの専用アカウントまで開設。「今話せる?」「お願い」「ハロー」というコメントを毎日送るという、少し不気味な内容となっている。

 しかしマッケンジーは、アメリカ有数の名門大学プリンストン大学で創作を学び、小説も出版するほどの才女。そんなマッケンジーの気を引くには、まずは文才を磨いた方が良さそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.