無期限で活動を休止している人気シンガーのブリトニー・スピアーズが、交際中の恋人サム・アスガリと初めて公の場に登場した。(フロントロウ編集部)

ブリトニーとサムがレッドカーペットデビュー

 2016年から交際がスタートしたと言われているブリトニー・スピアーズとサム・アスガリ。これまでグラミー賞の前夜祭に2人揃って出席したことはあるものの、2人でレッドカーペットに登場したことはなかった。

 しかし今回、ロサンゼルスで行なわれたレオナルド・ディカプリオとブラッド・ピットがW主演を務める映画『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』のプレミアで2人揃ってレッドカーペットに登場。

画像1: ブリトニーとサムがレッドカーペットデビュー

 レッドカーペットに相応しい真っ赤なワンショルダードレスを着用し、ゴージャスに着飾ったブリトニーと、彼女の横にそっと立つサムは終始ラブラブで、レッドカーペットでキスをする一幕も。

画像2: ブリトニーとサムがレッドカーペットデビュー

 また、サムとの婚約がウワサされているブリトニーの左手薬指には、2018年からつけているダイヤモンドの指輪がキラリ。

画像3: ブリトニーとサムがレッドカーペットデビュー

 ブリトニーはプレミアの内部で撮影された写真を自身のインスタグラムにアップしており、「私たちの初めてのプレミアよ」と、かなり嬉しそう。

 2019年1月から無期限で活動を休止することを発表したブリトニーは、その後、メンタルヘルスケア専門の施設に入所。それがマネジメント側の強制的な行為だという根も葉もないウワサが流れ、一部のファンによるブリトニー解放運動にまで発展した。そんな騒動を経て、ブリトニーが久しぶりに公の場でファンに元気な姿を見せた(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.