インスタ映えスポットとしてたくさんの人々が訪れ、写真撮影を行なっている美しい青い湖。しかし、じつは単なる湖ではない、その正体に思わず震える。(フロントロウ編集部)

「美しい湖」の正体は…

 シベリアにある空よりも真っ青な美しいスカイブルーの湖は、連日、インスタ映えを狙う観光客らが訪れ、賑わっている。

 まるで南国のビーチにバケーションに来たかのようなリア充感満載の写真が撮れると評判のスポットだが、水の色の美しさに騙されることなかれ、じつは非常に危険な場所として地元の人々に警戒されている。

 というのも、この湖は、じつは近隣にある火力発電所が灰などを捨てる廃棄物処理場として利用している、言ってみれば“ゴミ溜め”。

 人体に有害な物質が含まれているわけではなく、放射能レベルも規定内だが、溜まっている水に触れるとアレルギー反応を起こす恐れがあるため、発電所作業員は米Buzzfeedを通じて「ゴミ廃棄場では泳がないでください。セルフィーを撮影している最中に落水しないように気をつけてください」と警告を発している。

 こんなにも美しい湖がじつは“ゴミ溜め”とは信じがたいけれど、健康や安全のためには近寄らないほうが身のため。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.