ブリトニー・スピアーズがすっかり成長した息子たちとディズニーランドへ。そこで体験したいつもとは違う息子たちの対応に感激。(フロントロウ編集部)

難しい年頃の息子たちが童心に帰る

 2019年に入ってから、メンタルヘルスの問題を解決することを最優先に表だった活動をセーブして、実質“充電期間”に入っているシンガーのブリトニー・スピアーズ

 その間も、インスタグラムを通じて自身の近況を報告し、ファンに元気な姿を見せているブリトニーが、13歳になった長男のショーンくんと12歳の次男ジェイデンくんと一緒にカリフォルニアにあるディズニーランドを訪れたことを報告。

 愛する息子たちとの久々のスリーショットなどを披露した。

 すっかりティーンエイジャーへと成長したショーンくんとジェイデンくんとの写真には、じつはちょっとほっこりしてしまう裏話が。

 コメントの中で「息子たちは大きくなったから、写真を撮られるのが嫌いなの…」と、多感な年頃となった息子たちが、最近めっきり写真を撮らせてくれなくなったとボヤいたブリトニー。

 しかし、ディズニーランドに来たときだけは、息子たちが一緒に写真を撮ってとのブリトニーのお願いに、こころよくOKしてくれるそうで、ブリトニーは「息子たちが『もちろん‼』って言ってくれて感激したわ! なんて素晴らしい場所なの! 」と誰もが童心に帰ってしまうディズニーランドの魔法に感謝していた。

 さらに、ブリトニーは、久々のディズニーランドに「スプラッシュマウンテンであんなに濡れるなんてすっかり忘れてた」と驚くなど、息子たちと一緒に楽しい一日を満喫した様子だった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.