世界各地を襲う猛暑でクタクタになるのは人間だけではなく…。暑さに耐えきれなかった犬がドラマチックすぎる方法で飼い主に散歩を諦めさせようとする姿が激写された。(フロントロウ編集部)

暑すぎてもう歩けない…

 ネット民の心をとろけさせた動画が撮られたのは、とある土曜日。生命に危険を及ぼすほどの厳しい暑さに見舞われているアメリカで、米テレビ局に勤めるステファニー・ハバーマンが、大型犬を散歩させる女性の姿をツイッターに投稿。

 そこには、暑すぎてもう散歩したくない!とでも言うかのように、アスファルトの路上のド真ん中でお腹を上にして“降参”する犬の姿が。

 ドラマチックすぎる方法で散歩を諦めた犬は、飼い主の女性が声をかけても全く動じない。飼い主も思わず苦笑いしてしまうポーズに、通りすがりの人も釘づけに。

 そんな犬の動画を公開したステファニーのツイートは瞬く間に拡散。わずか数日で2万件以上リツイートされ、コメント欄にはこの犬のようにくたびれた犬の写真が多くシェアされている。

 死者が出るほどの猛暑のなかでの散歩は、犬の体にも負担が大きく、とくに熱を吸収するアスファルトが多い都会では、地面の熱で肉球を火傷してしまうことがあるので注意が必要。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.