『マンマ・ミーア』で知られるアマンダ・サイフリッドが、共演俳優への愛が“暴走”した過去を明かした。(フロントロウ編集部)

アマンダ・サイフリッド、“良い人”俳優と共演

 俳優のアマンダ・サイフリッドは、新作映画『The Art of Racing inthe Rain(原題)』で、ドラマ『THIS IS US 36歳、これから』などで有名なマイロ・ヴィンティミリアと共演。

 穏やかで良い人と知られるマイロとの共演はアマンダにとって素晴らしい経験となったそうで、映画が連続ドラマだったら良いのにと米Build Seriesのインタビューで語るほど。

画像: アマンダ・サイフリッド、“良い人”俳優と共演

 そんなアマンダには、現在羨ましくてたまらない俳優がいるという。

 有名女優アマンダが明かしたその名前は、マンディ・ムーア

 そう、マンディといえば、『THIS IS US 36歳、これから』でマイロ演じるジャックの妻レベッカを演じていることで有名。

 マイロの人柄に心底惚れてしまった様子のアマンダは、2016年から続くドラマでマイロと共演しているマンディに嫉妬してしまうほど。

「じつは、マンディ・ムーアに役を降りてくれないかって話せないかって思ってた。彼女に降りてもらって、私にやらせてみてよってね」

 そう言って、なんとマンディの代わりに自分がレベッカを演じたいと考えたことさえあると明かしたアマンダ。もちろん、そんな交渉はしなかったようだけれど、インタビューを通してマイロへの愛が滲み出てしまったアマンダだった。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.