テイラー・スウィフトがめずらしく酔っ払う様子が目撃。明らかにいつもとはテンションが違うその姿が可愛すぎると評判に。(フロントロウ編集部)

自分の曲に合わせてノリノリで踊る

 ニューアルバム『ラヴァー(Lover)』からの先行シングル「ミー! Ft. ブレンドン・ユーリー」と「ユー・二―ド・トゥ・カーム・ダウン(You Need to Calm Down)」がMTVビデオ・ミュージック・アワードで主要部門の最優秀ビデオ賞、最優秀楽曲賞を含む計10部門にノミネートを果たしたシンガーのテイラー・スウィフト

 アリアナ・グランデと並んで最多ノミネート・アーティストとなった彼女は、MVの出演者や仲の良いセレブ友達を招集して、同作の成功をお祝いするパーティーを開催。

 気の置けない仲間たちと過ごす楽しい時間が嬉しくて仕方なかったのか、この日、ちょっとお酒が進みすぎた様子のテイラーが、柄にもなく酔っ払う姿が参加者のカメラに収められた。

 明らかにいつもより陽気なテイラーは、「ユー・二―ド・トゥ・カーム・ダウン」に合わせてダンス! ちょっと奇妙な動きの振り付けを披露したり、髪を振り乱したり、隣にいたシンガーのヘイリー・キヨコにダンスバトルを仕掛けたり、突然ソファに腰を下ろしたりと、予測不能な動きでサービス精神旺盛に場を盛り上げていた。


「#DrunkTaylor」がトレンド入り

 この動画がSNS上で拡散されると、はっちゃけるテイラーの姿が「可愛すぎる」、「面白すぎる」、「酔った時の自分と似ていて親近感が湧く」、「ぜひ一緒に飲みたい」と大評判に。

 「#DrunkTaylor(酔っ払いテイラー)」というハッシュタグがトレンド入りするなど、ネット上でも異様な盛り上がりを見せた。

 この時のテイラーの様子をネタにした数々のインターネット・ミーム(※)が登場するなか、この翌日、テイラーが“ティーンの祭典”と称されるアワード「ティーン・チョイス・アワード2019」に出席することが事前に告知されていたことから、「明日のアワードは大丈夫? 」、「二日酔いでレッドカーペットに登場するんじゃない? 」と心配する声も。

※インターネットを通じて人から人へと模倣として拡がっていくネタ画像や動画など。

 しかし、テイラーはそんなネット民たちの心配をよそに、ティーン・チョイス・アワードのレッドカーペットには二日酔いなど微塵も感じさせないキリッとした姿で登場し、さすがのプロ根性を見せつけていた。

画像: 「#DrunkTaylor」がトレンド入り
画像: ティーン・チョイス・アワードのレッドカーペットに登場したテイラー。

ティーン・チョイス・アワードのレッドカーペットに登場したテイラー。


テイラー本人が反応

 酔っ払い姿が全世界に広まってしまったテイラーは、その後、パーティーの開催を報告したインスタグラムへの投稿のなかで、自ら「#DrunkTaylor」をネタに。

 「ミー!」と「ユー・二―ド・トゥ・カーム・ダウン」の制作に携わった人々との記念写真を公開したテイラーは、「『#DrunkTaylor』がツイッターでトレンド入りするくらい楽しんじゃった」と茶目っ気たっぷりにコメントして笑いを誘っていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.