日本でも8月9日から公開された映画『ライオン・キング』に関するある1本の動画が話題になっている。(フロントロウ編集部)

『ライオン・キング』の予告編をアレンジした映像が公開

 欧米ではすでに公開されている実写版『ライオン・キング』は、エマ・ワトソン主演映画『美女と野獣』の全米オープニング興行収入をおさえ、ディズニーの実写化作品では最高のオープニングを記録している大ヒット作。日本でも8月9日に公開され、好調な滑り出しを見せている。

 そんな『ライオン・キング』の予告編に、ニコライとジョンティという男性があるアレンジを加えた映像が話題になっている。それは、それぞれのキャラクターの顔に1994年に公開された本家アニメ版の顔を差し込むというレベルの高い技術を使った映像。

 2人が作った動画は、実写映画の映像に比べると、アニメならではのキャラクターたちの豊かな表情が印象的。あまりにも自然な出来だったため、なかには2人が作った映像を映画化してほしいとの声もあがるほど。ファンが作ったとは思えないクオリティの高さで世界中の人を驚かせた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.