スカーレット・ヨハンソンの婚約者コリン・ジョストが、結婚を怖がっていたという過去を明かした。(フロントロウ編集部)

スカーレット・ヨハンソンと婚約したコリン・ジョスト

 マーベル映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』のブラック・ウィドウ役などで有名なスカーレット・ヨハンソンは、コメディアンのコリン・ジョストと5月に交際約2年で婚約。

画像: スカーレット・ヨハンソンと婚約したコリン・ジョスト

 過去には俳優のライアン・レイノルズ、そしてジャーナリストのロマン・ドリアックと結婚していたスカーレットにとっては3度目の結婚だけれど、コリンは初婚。コリンが37歳まで独身だったのには、ある理由があるそう。

 ニューヨークでスタンドアップコメディのショーを開催したコリンが、観客の前でこう語った。

「長いこと結婚というものが怖かったんだよ。だって結婚したばっかの人や結婚間近の人と話すと毎回、『オーマイゴッド、結婚したほうがいいよ。なにが問題なんだよ』って言われるのに、5年結婚した人と話すと、『急ぐんじゃない…。人生は長いんだ。子供は持つなよ。彼らは最悪だ』ってかんじなんだからね」

 ひとつの関係を長く続けることは難しいけれど、その関係が続くかは人それぞれ。周囲の言葉に悩んでしまったコリンだけれど、スカーレットと出会ってその考えは変わったよう。この日のショーでも、コリンの薬指にはスカーレットとの婚約指輪がキラッと輝いていた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.