サマーソニック2019のために来日していたリタ・オラが、衣装で日本に敬意を表した。(フロントロウ編集部)

サマソニでのリタの衣装に注目

 8月16日に東京、18日に大阪のサマーソニック2019(以下サマソニ)のステージでパフォーマンスを行なったリタ・オラといえば、ファッショニスタとして知られ、エッジが効いたステージ衣装も注目の的。

 そんなリタが、サマソニの東京公演で着用した衣装を紹介。この日リタがチョイスしたのは、迫力のある囲みメイクに負けず劣らずの真っ赤な衣装。じつはリタが着ていた真っ赤なジャケットとロングブーツは、日本を代表するデザイナーである山本寛斎のアイテム。

 リタは以前フロントロウ編集部のインタビューで、「シンプルな衣装も着るし、そうじゃない時もある。いろんな役になりきりたいの。物心つく頃からドレスアップして遊んでたから、それができなくなったらどうしたらいいかわかんない(笑)」と語っており、衣装に対する思い入れが強い。

 日本では日本のデザイナーのアイテムを身につけたかったのか、今回は山本寛斎のジャケットとブーツを選びサマソニのステージ上で日本に敬意を表した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.