セレブたちが続々と参入するコスメ業界に、2,700万人以上のインスタグラムのフォロワーを持つ若手女優が新たに加わった。(フロントロウ編集部)

15歳の人気女優がコスメブランドを発表

 2019年7月にレディー・ガガがコスメ業界に参入し、ますます盛り上がりを見せているコスメ業界に新星が誕生。今回新たにコスメ業界に参入したのは、9歳にエンタメ業界に足を踏み入れ、その後、Netflixオリジナルドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』で大ブレイクした15歳の若手女優ミリー・ボビー・ブラウン

画像: 15歳の人気女優がコスメブランドを発表

 ミリーは女優として人気な傍ら、ファッションブランドからも注目を集め、2019年7月には人気スニーカーブランドのコンバースとのコラボを発表。様々な分野で活躍するミリーが、今回コスメブランドのフローレンス・バイ・ミルズ(florence by mills)を立ち上げることに。

 ミリーのコスメブランドであるフローレンス・バイ・ミルズは、曾祖母の名前からつけられたという。1996年~2012年に生まれたジェネレーションZ(Z世代)をターゲットにしたフローレンス・バイ・ミルズは、開発・製造において、動物を殺したり、動物実験を行ったりしないというクルエルティフリーやヴィーガン、パラベンフリーということを打ち出しており、どんなタイプの肌でも安心して使えるコスメが勢ぞろい。

 価格帯も他のブランドと比べてもそう高くはなく、スキンケアアイテム、ネイル、リップグロスなどは約1,100円(10ドル)~約3,700円(34ドル)とお手頃価格。

 ミリーがコスメブランド設立までに2年も費やしたというフローレンス・バイ・ミルズは8月26日から販売をスタートし、収益金の一部がミリーの友人である故オリビア・ホープ・ロルッソを称えるために設立された小児がん慈善団体オリビア・ホープ財団に寄付される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.