ヴィクトリアズ・シークレットのエンジェルであるキャンディス・スワンポールが、インスタグラムで訴えた、あることとは?(フロントロウ編集部)

自然を愛するキャンディスの想い

 人気ランジェリーブランドのヴィクトリアズ・シークレットの広告モデルのエンジェルの一員であるキャンディス・スワンポール。キャンディスのインスタグラムには、自身の子供と遊ぶ写真や美しいスナップ写真などが並んでいるけれど、キャンディスは、22日にある1枚のアート作品を投稿した。

 キャンディスは、森林が燃えている様子や星空がコラージュされたこの作品に、こうキャプションを添えた。

「アマゾンで起きているニュースを、どうしようもないって思っている人はいる?ただのミスだったように報道されているけれど、実際この火災は、木を伐採して農業をするための場所を確保するために仕向けられたものなの。私は農場で育ったけれど、乾燥する季節には、牛が草を食べる場所を確保するために農場を燃やすことを良しとしてきた。ということは、これは人間が、牛肉を消費したいがためにしていること?もしそうなら、量を減らすか、もうやめるしかない。無駄にできる時間なんか残されていない。勉強に役立つドキュメンタリーをいくつか紹介しているから、私のインスタグラムのストーリーを見てね。私たちにとって、何もできないようなことじゃ全くないから」

 キャンディスが話しているのは、現在ブラジル北部のアマゾン熱帯雨林で発生している大規模な森林火災のこと。「地球の肺」と呼ばれるアマゾンの森林は地球上の酸素20%を生み出しており、今回の火災が気候変動に壊滅的な影響を与えるとみられている。人為的に火が放たれ、それが地球全体を脅かす環境破壊になりうることを受け、キャンディスは、このアート作品の投稿と共にストーリー機能を使い、自然を見つめ直す必要があると警鐘を鳴らした。

画像: 「アマゾンは私たちの“肺”なの。どうして私たちは、アマゾンを守ることになると、何もできないような気になってしまうんだろう?それは、腐敗と政治が世界を支配しているから」とパワフルなメッセージを添えた。

「アマゾンは私たちの“肺”なの。どうして私たちは、アマゾンを守ることになると、何もできないような気になってしまうんだろう?それは、腐敗と政治が世界を支配しているから」とパワフルなメッセージを添えた。

画像: 「あなたの家が火事にあっていると思って、これに対応してほしい。だって、それと同じことだから」という環境活動家グレタ・トゥーンベリの言葉を引用。

「あなたの家が火事にあっていると思って、これに対応してほしい。だって、それと同じことだから」という環境活動家グレタ・トゥーンベリの言葉を引用。

 今回火災が起きているアマゾン含め、熱帯雨林では、がん細胞に作用する植物の70%が発見されていること、バナナやバニラ、砂糖、コーヒーなど、私たちにとって身近な食品の原産地となっていること、世界の植物と動物の半分が生息していることなど、私たちの生活とも密接しており、今回の森林火災は他人事ではない。

 強い想いとメッセージをのせたこのキャンディスの投稿には、同じくエンジェルのエルザ・ホスクも「賛成だよ!ヴィーガンになろう」とコメントして、賛同の意を示している。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.