シンガーのジャスティン・ビーバーが自身のインスタグラムで「手料理」を公開。ジャスティンは一体どんな料理を作った?(フロントロウ編集部)

“カフェごはん”風の手料理を公開

 シンガーのジャスティン・ビーバーが自身のインスタグラムで料理の腕前を披露。グルテンフリーのトーストにアボカド、目玉焼き、そしてステーキの4種をひとつのプレートにのせ、オシャレに盛りつけした手料理の写真に「調理したのは僕」というコメントを添えて、自身の料理に満足している様子を見せた。

この投稿をInstagramで見る

Gluten free toast steak sunny side up eggs and avacado (thanx)

Justin Bieberさん(@justinbieber)がシェアした投稿 -

 手料理といっても切ったり、焼いたりしただけの簡単なものばかりだが、家事を使用人にすべてまかせているセレブも多いなか、自分で食事を用意しただけでも立派。

 ご存じの方も多いと思うが、ジャスティンは2018年にモデルのヘイリー・ビーバー(旧姓ヘイリー・ボールドウィン)と結婚し、現在は仕事より結婚生活を優先させている。今回披露した料理は手軽なものだったが、数年前に「料理にハマっている」と報じられたこともあるジャスティン。自分以外に“食べてくれる人”ができた今、愛する妻に手料理を振る舞うこともあるのだろうか。だとしたらうらやましいかぎり。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.