ジェニファー・ロペスが、新作映画『ハスラーズ(Hustlers)』のためにポールダンスを練習する姿を公開。『ハスラーズ』には、ジェニファー・ロペスのほかコンスタンス・ウー、カーディ・B、リゾなど、大注目の女優・歌手が多数出演している。(フロントロウ編集部)

全米がハッスル中!映画『ハスラーズ』とは?

 ジェニファー・ロペスコンスタンス・ウーカーディ・Bリゾなど、今をときめく女性が総出演している映画『ハスラーズ』の勢いが止まらない!中予算の作品にもかかわらず、オープニング後最初の週末3日間で興行収入が3,320万ドル(約36億円)を記録。映画アナリストたちの興行収入予想は最大で3,200万ドルだったが、最初の3日間で見事その予想を裏切る形に。

画像1: 全米がハッスル中!映画『ハスラーズ』とは?

 『ハスラーズ』は、2019年9月13日に全米公開された犯罪映画。NYのストリップクラブで出会い意気投合したストリッパーたちが、世界最高峰の金融地区「ウォール街」の裕福なクライアントたちからお金を騙し取る計画を企てる、というストーリーになっている。

画像: Hustlers | Official Trailer [HD] | Now In Theaters www.youtube.com

Hustlers | Official Trailer [HD] | Now In Theaters

www.youtube.com

『ハスラーズ』あらすじ
2008年のリーマン・ショック後、困窮したNYのストリップクラブで働く女性たちにスポットライトを当てた本作品。2015年に米New York Magazineに掲載されたジェシカ・プレスラーによる記事「ザ・ハスラーズ・アット・スコア(The Hustlers at Scores)」を参考に製作された。記事は、ウォール・ストリート勤めの裕福なクライアントから大金を奪う計画を立てたストリップクラブの元従業員数名を取材したもの。
コンスタンス・ウー演じるシングルマザーのデスティニーは、生活費を稼ぐためにストリッパーになったが、金融危機を引き起こした張本人たち(銀行員)はいまだ裕福そうな暮らしをしていることに、何ともいえない怒りを抱く。そこで彼女は、クラブで働くストリッパーたちと共謀し、客を泥酔させた上でお金を巻き上げることにした。計画は大成功!予想以上のお金を手に入れた彼女たちのハッスル(巻き上げ)は、さらに大胆になり、ついに警察から追われることに。そこで彼女たちのとった行動とは?

画像2: 全米がハッスル中!映画『ハスラーズ』とは?

 デスティニーを指導するベテランストリッパーのラモーナ役を務めるジェニファーは米ETに「『ハスラーズ』は、ロビン・フッドのような旅をしている女性たちの、楽しくてセクシーでキケンな物語。お金持ちからお金を盗んで、自分自身に与えているのです」とコメント。ストリッパーという社会的に好奇な目で見られがちな職業につく女性たちを主人公に、パワフルな映画が誕生したことを自信満々に宣伝した。

ジェニファーのポールダンストレーニング

 ジェニファーは現在50歳。映画の中で彼女は、衰えることを知らない美しくハリのある肉体を見せてくれる。プロフェッショナルなダンサーでありながら、ポールダンスは初心者だというジェニファーは、この芝居のために約2ヶ月間にわたってポールダンスのトレーニングを重ねたという。

画像: トロント国際映画祭での『ハスラーズ』のプレミアに出席した際、映画をイメージした札束形のポーチを持って現れたジェニファー。

トロント国際映画祭での『ハスラーズ』のプレミアに出席した際、映画をイメージした札束形のポーチを持って現れたジェニファー。

 そんなジェニファーが先日、自身のインスタグラムにポールダンスの練習風景を投稿。大変なトレーニングではあったが、納得のいく完成度になったとコメントした。

これは間違いなく、私が今まで身体的にやった最も難しいことの一つでした。 しかし、最終的にはそれだけの価値がありました!

 30年以上のキャリアを持つベテランパフォーマーであるジェニファーが「身体的にやった最も難しいことの一つ」と語るとは、相当キツかったよう。しかし“主人公に指導するベテランストリッパー”という役柄に匹敵するスキルを身に着けるために、「シルク・ドゥ・ソレイユ」のメンバーからの超本格的な指導に必死についていき、ポールにすってできたあざにも負けず、ポールダンスを見事自分のものにした。

 わずか2ヵ月で、ポールダンスの初心者から、劇中でポールダンスのベテラン役を違和感なく演じられるところまでスキルアップした実行力は、さすがプロ。

『ハスラーズ』のプレミアでの様子は?

 そんなジェニファーら俳優陣の活躍も手伝い、『ハスラーズ』は、米映画批評サイトRotten Tomatoesで88%という高評価を得ている。キャリア史上最高とも絶賛されている本作でのジェニファーの芝居は、アカデミー賞を狙えるのではという声も。ゴールデングローブ賞やアカデミー賞ノミネートの呼び声も高いが、評論家からの賛否は両論。

画像: 『ハスラーズ』のプレミアでの様子は?

 映画をプレミアしたトロント国際映画祭に出席したジェニファーは、ローリーン・スカファリア監督をはじめ、女性を中心としたキャストや制作陣に対する喜びと興奮のツイートを投稿した。

トロント国際映画祭でのプレミアナイトは、私が夢見ていた以上の経験でした。これ以上なく、力強く、美しく、ユニークな女性のチームと一緒に仕事をすることができました!

 昨今の映画界は大作のリメイク映画やシリーズ作品が多いなかで、『ハスラーズ』というオリジナル映画の成功が示す意義はとても大きい。大躍進を続ける本作の日本公開の発表が待たれる。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.