ディズニーアニメーション映画『アナと雪の女王2』の最新予告が公開。(フロントロウ編集部)

エルサとアナが…

 ディズニー映画『アナと雪の女王2』の最新予告が公開された。

 2013年に公開され、主題歌の「レット・イット・ゴー」とともに、世界中で大ヒットを記録した映画『アナと雪の女王』の続編となる同作では、主人公のエルサが自らが持つ“触れるものを雪や氷に変えてしまう”という不思議な力の起源を探すため、妹のアナやクリストフら仲間たちとともに未知の世界へと新たな冒険の旅に出る様子が描かれる。

<あらすじ>
なぜ、エルサに力は与えられたのか―。妹アナの命がけの尽力により、閉ざした心を開き、“触れるものすべてを凍らせてしまう力”をコントロールできるようになったエルサ。姉妹の真実の愛により、雪と氷に覆われたアレンデール王国には温かな陽光が再び降り注いだ。
あれから3年。ともに王国を治めながら、失われた少女時代を取り戻すかのように、仲間たちと平穏で幸せな日々を送っていたエルサ&アナ姉妹。しかしある日、エルサだけが“不思議な歌声”を聴く。
歌声に導かれ、仲間のクリストフやオラフと共に旅に出たアナとエルサは、エルサの持つ“力”の秘密を解き明かすため、数々の試練に立ち向かう。
果たしてなぜ力はエルサだけに与えられたのか。そして姉妹の知られざる過去の“謎”とは? 旅の終わりに、待ち受けるすべての答えとは?

 今回のトレーラーでは、再び危機に襲われたアレンデール王国を救うため、エルサとアナが古くから伝わる物語に登場する「魔法の森」と呼ばれる場所へ。

 不思議な歌声に誘われたエルサが城から抜け出し、氷の結晶や光が織りなす幻想に翻弄される様子や、深い霧を抜け、見たこともない森に迷い込んだ一行が、何やら謎の集団に取り囲まれ、エルサが力を披露すると、「君は一体どこで魔法の力を習得したんだ? 」と驚きの視線を向けられる場面なども収められている。

 北米版の声のキャストには、エルサ役のイディナ・メンゼル、アナ役のクリステン・ベル、クリストフ役のジョナサン・グロフ、そして雪だるまのオラフ役のジョシュ・ギャッドといったオリジナルキャストが再集結。

 ますますパワーアップしたエルサとアナ、そして仲間たちの絆、ハラハラ&ドキドキの展開を期待させる新たな物語は、11月22日に日米同時公開。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.