マーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでメガホンを取り、DCコミックス映画『スーサイド・スクワッド』の続編でも監督を務めるジェームズ・ガンが、“スースク・ファミリー”の写真をSNSに公開した。(フロントロウ編集部)

MCU色強めな『スーサイド・スクワッド』

 マーゴット・ロビーやウィル・スミス、ジャレッド・レトが出演したDCコミックスの実写映画『スーサイド・スクワッド』の制作が順調に行なわれているなか、監督のジェームズ・ガンがキャスト陣と写る写真をインスタグラムに公開した。

James Gunn on Instagram: “Some of #TheSuicideSquad (and Pom). Many of us are doing weird things in this photo. After a screening of Joker (thanks @wbpictures!)”

www.instagram.com

 おなじくDCコミックスが原作の新作映画『ジョーカー』の上映会後に撮影されたこの写真には、前作に引き続きハーレイ・クイン役を続投するマーゴット・ロビンの姿や、リック・フラッグ大佐を演じたジョエル・キナマンといった馴染みのある顔や、まさかのキャスティングで世間を驚かせたコメディアンのピート・デヴィッドソンの姿も。

 さらには、ガンの監督作であるマーベル映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に出演したガン監督の弟であるショーン・ガンとスティーヴ・アギーと、なぜかポム・クレメンティーフも記念撮影にまざっていた。

MCU監督のイメージ強いガン監督

 ガン監督といえば、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの監督を務めたほか、メガヒットを記録した映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』で、エグゼクティブプロデューサーを務めたことで有名。

 『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の続編を監督することも決まっているガン監督は、MCU映画に欠かせない重要人物のひとりともいえる。

画像: MCU監督のイメージ強いガン監督

 そんななかでマーベルの競合に当たるDCコミックスの映画を監督するガン監督は、新作『スーサイド・スクワッド』にもMCU映画で馴染みのある俳優陣をキャスティング。

 先日明らかになったメインキャストのリストには、写真に写る映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズのショーン、スティーヴのほか、マイケル・ルーカーやネイサン・フィリオン、MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)映画への出演経験があるイドリス・エルバやデヴィッド・ダストマルチャン、タイカ・ワイティティの名前が記されており、現段階で7人のMCU俳優がDCコミックスの映画に出演する。

 ガン監督による映画『スーサイド・スクワッド』の続編は、キャスティングもしかり、なんだか“MCU色”の強い演出になるかもしれない。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.