© 2019 Focus Features LLC and Perfect Universe Investment Inc. 、ニュースコム、アフロ/スプラッシュ
日本でも大流行したイギリスドラマ『ダウントン・アビー』が映画化。日本公開日が2020年1月10日(金)に決定した。(フロントロウ編集部)

本国でも高評価!映画版『ダウントン・アビー』

 全世界に旋風を巻き起こしたイギリス傑作ドラマ『ダウントン・アビーの』映画版がついに日本で公開されることに。

 『ダウントン・アビー』は、20世紀初頭を舞台に大邸宅“ダウントン・アビー”で暮らす貴族、クローリー家とその使用人たちの生活を描いたドラマ。2010年9月の放送開始以来、ゴールデングローブ賞やエミー賞になど数々の賞に輝き、世界200以上の国と地域で大ヒットした。

(あらすじ)
舞台は、テレビシリーズ最終回から2年後の1927年。英国国王夫妻の「ダウントン・アビー訪問」という一大事に、グランサム伯爵家の長女メアリーはかつての執事であるカーソンと共に、パレードや豪勢な晩餐会の準備にあたる。
そんな中、一族やメイドたちのスキャンダル、ロマンス、陰謀が次々と明るみに。メアリーは重要な決断を迫られることになってしまう…。

 映画『ダウントン・アビー』は全米オープニングNo.1という華々しい記録を打ち立て、米映画批評サイトRotten Tomatoesでは観客95%支持というハイスコア、米Cinemascoreでは「A」を獲得している。

画像1: 本国でも高評価!映画版『ダウントン・アビー』

 予告編では、ロイヤルファミリーの滞在に沸き立つクローリー邸のなつかしい面々が。ロイヤルファミリーを迎えるというこの一大イベントとともに、ロマンス、スキャンダル、陰謀が絡まりあう中、歴史的な1日が始まるワクワク感をもう一度味わえるのは、ファンにとっては嬉しいもの。

画像2: 本国でも高評価!映画版『ダウントン・アビー』

 脚本はドラマに引き続きアカデミー賞脚本賞受賞のジュリアン・フェローズ。キャストはアカデミー賞受賞のマギー・スミスほか、テレビシリーズから引き続きおなじみのヒュー・ボネヴィル、ジム・カーター、ミシェル・ドッカリー、エリザベス・マクガヴァーンほかファン待望の顔が勢ぞろい。そして映画版で初登場のアカデミー賞受賞の名女優イメルダ・スタウントンは、マギー・スミスとバトル勃発の傑作場面を見せてくれる。

画像3: 本国でも高評価!映画版『ダウントン・アビー』

 日本版のポスターは「皆さまのお越しを心よりお待ち申し上げております。」というメッセージとともに、ダウントン・アビーに住むグランサム伯爵家、従事する使用人たちが一堂に会した迫力のあるビジュアルとなっている。

画像4: 本国でも高評価!映画版『ダウントン・アビー』

 テレビシリーズではなくスクリーンでこそ堪能できる、目でも味わう煌びやかなお屋敷、衣装、目に入るものすべてが洗練された世界に没入できる悦びを、ぜひ体験してみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.