約1週間後に来日公演を控えるシンガーのショーン・メンデスが、大ヒット曲「セニョリータ」でコラボしている交際中のシンガー、カミラ・カベロとの「定番デート」を明かした。(フロントロウ編集部)

2人で朝一に向かう場所とは?

 今年6月にリリースした大ヒット曲「セニョリータ(Señorita)」でコラボをしたのをきっかけに急接近し、交際へと発展したショーン・メンデスカミラ・カベロ。“2人の関係は自分たちだけの秘密にしておきたい”というカミラの強い意向もあって、当初は交際について聞かれても口をつぐんでいたショーンだったが、時が経つにつれてだんだんとおしゃべりに…。

 つい先日、マレーシアのクアラルンプールで開催された、自身のコンサート会場で行なわれたミート&グリートでは、ついに「カミラとどんなデートをしているのか」という踏み込んだ内容にまで言及。そこで明かされた、一般人同士のカップルと変わらない庶民的なデートの内容が、ファンから高評価を得ている。

画像: 2人で朝一に向かう場所とは?

 現在、ワールドツアー中のショーンのスケジュールに合わせて、カミラのほうが世界各地へ出向き、逢瀬を重ねている2人は、まず起きてすぐに近場のカフェへ行き、コーヒーを飲みながら過ごすのがお決まりのデートコースだそう。 

 「起きたらまず1番近いコーヒーショップを探すんだ。カミラは、(コーヒーを)カップ半分くらい、僕は3杯くらい飲む。僕たちは毎回違う国や街でデートしてるんだ」-ショーン

 カフェでまったりしたあとは、現地の美味しいレストランを探して食事をし、それから約1時間後に再び「お腹空かない?」と言って、また別の店で何か食べることが多いといい、1日の締めくくりには映画を一緒に見るのだという。ちなみに、ショーンいわく、カミラのお気に入りはディズニー映画『塔の上のラプンツェル』だとか。

 ちなみに、その後、別のファンから「どんな話をするのが好きか」と聞かれたショーンは、カミラに関する質問ではなかったにもかかわらず、「なんだろう。とりあえずカミラは話題作りが得意なんだ。この前も夕飯を食べている時に、いきなり自分のスマホを取り出して、そこに入っているリストの中から『今日が地球最後の日だった何をする?』という話を振ってきた」と自分からカミラの名前を出して、デート中の会話の主導権はカミラにあることを明かした。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.