テイラー・スウィフトと3年来の恋人ジョー・アルウィンの久々のツーショットが激写。テイラーの薬指に光る「指輪」の正体って? (フロントロウ編集部)

薬指に光る「惑星」風の指輪

 シンガーのテイラー・スウィフトが、自身がゲスト出演した人気コメディ番組『サタデー・ナイト・ライブ』の成功を祝して、生放送放送後に行なわれた打ち上げパティ―に参加。

 出演者のほかにも、テイラーと親交のある人気モデルのジジ・ハディッドやヴィクトリアズ・シークレット・エンジェルのマーサ・ハント、Netflixの人気リアリティ番組『クィアアイ』に出演する料理&ワイン研究家のアントニ・ポロウスキらも駆けつけた同イベントには、普段はあまり公の場で行動を共にしない恋人で俳優のジョー・アルウィンもテイラーの同伴者として参加した。

 フロントロウは、会場となったニューヨーク・ミッドタウンにある高級日本食レストラン「ZUMA(ズマ)」を後にするテイラーとジョーの姿をとらえた久々のツーショットを入手。

画像1: 薬指に光る「惑星」風の指輪

 ジョーとギュッと手を繋ぎ、笑顔で店を後にするテイラーの右手薬指には、ここ最近、何度か着用する姿が見かけられているムーンストーンを配したキュートなゴールドの指輪が光っていた。

画像2: 薬指に光る「惑星」風の指輪

お気に入りの指輪の正体は?

 テイラーの指先でさりげない輝きを放つこの指輪は、スイス人デザイナーのジェニー・ダバーが手がける、60年代~70年代のロックンロールや星座にインスパイアされた上質なアクセサリーを提案するジュエリーブランド「Jenny Dee (ジェニー・ディー)」のもの。

画像: www.modaoperandi.com
www.modaoperandi.com

 おうし座19番星の固有名にちなんだ「タイゲタ(Taygeta)」という名前にならい、ピンクゴールドに小粒のダイヤモンドが埋め込まれたバンド部分にレインボーカラーの半球体形のムーンストーンが配された、惑星を彷彿とさせるロマンチックなデザインとなっている。

 テイラーは5月に行なわれたビルボード・ミュージック・アワードでも、両手に重ねづけしたたくさんの指輪のうちの1つとしてこの指輪を着用しており、とくに気に入っているよう。

画像: お気に入りの指輪の正体は?

 販売価格は日本円にして17万6千円ほどで、ブランドの公式オンラインストアや高級オンラインセレクトショップなどで販売されている。

 最新アルバム『ラヴァー(Lover)』の収録曲には、ジョーとの婚約や結婚を彷彿とさせる歌詞がいくつも含まれていることから、テイラーとジョーが極秘に婚約したのではないかとの説も囁かれているが、価格やデザインから考えて、この指輪がジョーから贈られた婚約指輪であるとは考えにくい。

 しかし、楽曲やMVだけでなく、ファッションにも自身のプライベートや次の作品に関する何らかの“ヒント”を潜ませる傾向があるテイラーだけに、この指輪を頻繁に着用しているのには何か意味があるのかもしれないと一部のファンたちは勘繰っている。

 ちなみに、テイラーは、この日、彼女が出演する『サタデー・ナイト・ライブ』をひと目見ようと収録スタジオ外に長蛇の列を作った観覧希望のファンたちにピザを差し入れ。相変わらずのファン想いな対応で、またもやファンたちのハートをとろけさせた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.