マットな質感が秋冬の季節にぴったりの「マットリップ」。色っぽい仕上がりで秋冬のメイクをオシャレにしてくれる人気のリップだけれど、このシーズンは乾燥が大敵。そんな乾燥する秋冬でもマットリップを楽しむ方法があるという。乾燥に打ち勝つメイク法をプロが伝授。(フロントロウ編集部)
画像: 乾燥に打ち勝つ!秋冬こそ似合う「マットリップ」の攻略法

乾燥しやすいマットリップ

 シンガーのアリアナ・グランデなど、セレブに人気のメイクアップ・アーティストのダニエル・チンチラは、「唇は皮脂腺がないため、乾燥する冬はどうしてもカサつきやすく、日ごろからケアしていても荒れてしまう」と米メディアInstyleにコメント。

 とくにマットリップは使い方を間違えると、余計に唇の乾燥をまねき、縦ジワが目立つこともあるという。

 しかしダニエルは、「乾燥するからと言ってマットリップを諦めることはない。きちんと下準備をすれば大丈夫」とアドバイス。

唇パックでうるおいチャージ!

 マットリップの乾燥について、ダニエルがいち押ししている方法が「唇パック」! 多少の手間はかかってしまうけれど、唇を集中的にケアするにはうってつけとのこと。10分ほどパックするだけで、唇にうるおいを与え、表面が滑らかになり、その後つけるマットリップのノリが変わってくるそう。

唇の荒れがヒドイ時は、サテンリップを選ぶ

 とはいっても、やっぱり乾燥しやすいのがマットリップの難しいところ。ダニエルは、「唇がいつもより乾燥している時は、保湿成分が多いサテンリップを選ぶのが賢い選択」と語った。唇にうるおいをキープしつつ、セミマットな仕上がりになるという。

画像: 唇の荒れがヒドイ時は、サテンリップを選ぶ

 マットリップはつけすぎも乾燥を促す原因になるそう。指につけ、トントンとなじませるようにつけると、唇がひび割れずキレイに仕上がるという。プロのテクニックをマスターして、冬のマットリップを楽しんでみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.