イギリスの形成外科医が“美の方程式”に基づいて検証した「世界で最も美しい顔を持つ女性」を発表した。(フロントロウ編集部)

“黄金比”に最も近い「世界一の美女」は…

 ロンドンを拠点とする美容整形外科医のジュリアン・デ・シルヴァ医師が、古代ギリシャから伝わる“究極の美を体現するバランス”と呼ばれる「黄金比率」をもとにした最先端のデジタル・フェイスマッピング技術を用いて、欧米で活躍するトップセレブたちの目、鼻、唇、輪郭、顎などの顔のパーツのバランスや、それぞれの距離の対比、左右がいかに対称かといった細かいデータを検証。コンピューターに計算させて導き出した「世界で一番美しい顔」の独自のリサーチ結果を発表した。

 その結果、黄金比100%に対して、94.35%と最も高い総合スコアを獲得したのは、人気モデルのベラ・ハディッドだったという。

画像: モデルのベラ・ハディッド

モデルのベラ・ハディッド

 ベラはアゴの形が99.7%、目の位置が97.65%、顔の輪郭が94.5%、鼻の下と唇の幅のバランスが95.8%など、それぞれの顔のパーツが軒並み高確率で黄金比とマッチ。

 デ・シルヴァ医師は「顔のすべてのパーツのバランスを計測したところ、彼女に勝る人はいませんでした」と、ベラこそが科学が証明する世界で最も美しい顔を持つ女性だと英Daily Mailを通じて宣言した。

 2位に続いたのは、総合スコアが92.44%だったシンガーのビヨンセで3位は2016年に実施された同様のテストで1位に輝き、今回も91.85%というスコアを獲得した俳優のアンバー・ハード。

画像: 左:ビヨンセ、右:アンバー・ハード

左:ビヨンセ、右:アンバー・ハード

4位以下は下記のようになっている。


4位 シンガーのアリアナ・グランデ(91.81%)

5位 シンガーのテイラー・スウィフト(91.64%)

6位 モデルのケイト・モス(91.05%)

画像: 左から:アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフト、ケイト・モス

左から:アリアナ・グランデ、テイラー・スウィフト、ケイト・モス

7位 俳優のスカーレット・ヨハンソン(90.91%)

8位 俳優のナタリー・ポートマン(90.51%)

9位 シンガーのケイティ・ペリー(90.08%)

10位 俳優のカーラ・デルヴィーニュ(89.99%)

画像: 左から:スカーレット・ヨハンソン、ナタリー・ポートマン、ケイティ・ペリー、カーラ・デルヴィーニュ

左から:スカーレット・ヨハンソン、ナタリー・ポートマン、ケイティ・ペリー、カーラ・デルヴィーニュ

 「黄金比」とは、ご存知の方も多いと思うが、人が最も美しいと感じ、視覚的に安定して見えるバランスのこと。古代エジプトのピラミッドやギリシャのパルテノン神殿、ミロのヴィーナスやモナリザといった歴史的建築物や芸術作品の数々にも「黄金比」が採用されており、さらに、人間は「黄金比」に近い顔立ちの人を見ると自然と魅力を感じるとも言われている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.