シンガーのショーン・メンデスの一夜限りの来日公演に約1万2,000人の観客が熱狂。会場にショーンの「トーキョー!!!」というかけ声が何度も響き渡ったライブの模様をレポート!(フロントロウ編集部)

 

みんなで熱唱!ショーンと観客が一体に

 10月16日(水)に横浜アリーナでシンガーのショーン・メンデスの来日公演が開催。約1万2,000人のファンが集結した一夜限りの来日公演の記念すべき1曲目は、ここ日本が舞台のラブソング「ロスト・イン・ジャパン(Lost In Japan)」。曲の前奏とともにショーンがステージに登場すると、会場全体が一気に熱気に包まれた。

画像1: Photo:Sotaro Goto

Photo:Sotaro Goto

 続く「ホールディン・ミー・バック(原題:There's Nothing Holdin’ Me Back)」では、ショーンの「トーキョー!ジャンプ!!!!」というかけ声を合図に、みんなで音楽に合わせて一斉にジャンプ。床から振動が伝わるほど激しいジャンプで会場のボルテージは早くも最高潮に。

 ショービズ界きっての“良い人”として知られるショーンらしく、まだコンサートが始まって間もない頃に、「今日は僕のライブに来てくれて本当にありがとう!君たちは僕にとって1番大切な存在だ」と、ファンに向けて感謝の言葉を口にする微笑ましい瞬間もあった。

 また、ユニバーサル ミュージックジャパンが公開している公式のセットリストにはなかったが、「ミューチュアル(Mutual)」に入る前に、カミラ・カベロとコラボした大ヒット曲「セニョリータ(Señorita)」の一部分だけ披露するサプライズも。すでにご存じだと思うが、ショーンとカミラは2度目のコラボとなるこの曲がきっかけで恋愛関係に発展し、交際をスタートさせた。恐らくそのことを知っているであろう観客からは、悲鳴にも近い黄色い声が。

画像2: Photo:Sotaro Goto

Photo:Sotaro Goto

 さらに、人気急上昇中の若手シンガー、カリードとコラボした楽曲「ユース(Youth)」では、パフォーマンスの途中でショーンが観客に向かって大切なメッセージを発信する場面もあった。

 「東京のみんな、僕が“Youth”という言葉を口にする時、僕は別に年齢的な若さのことを言ってるわけじゃないんだ。僕が言いたいのは、(年齢ではなく)“気持ち”のことなんだ。自由や幸福、そういったものを感じる気持ちのことを言っている。だから今ここで言わせてほしい。ここにいるすべての人たち、ここにいる君たち全員がより良い世界を作るパワーを持っている。この世界にとどまることができるかはどうかは、僕たちの手にかかっている。そして何があろうと、誰も僕たちの“ユース”を奪うことはできない」

 「Youth」という単語を辞書で引くと「若者」「若さ」「青春」といった意味が出てくるが、ショーンは自身が意味する「Youth」とは、実際の年齢ではなく“生き生きとした心”を意味するのだと力説し、それは「誰にも奪うことができない」と訴えかけた。

画像3: Photo:Sotaro Goto

Photo:Sotaro Goto

 今回の来日公演で最も印象的だったのは、観客がショーンと一緒になって歌うことによって生まれた、会場の一体感。海外アーティストの公演では、アーティストが「一緒に歌って!」と呼びかけても、語学の壁に阻まれて上手くいかないことも多いが、この日のためにみんな準備してきたのか、ショーンの公演ではほぼ全曲を通して大合唱が巻き起こった。

 しかし、楽しい夜もいよいよ終盤に差し掛かり、フィナーレへのカウントダウンが…。最後を飾ったのは大ヒット曲「イン・マイ・ブラッド(In My Blood)」。正真正銘のラスト1曲ということもあり、この日1番の大合唱と拍手&歓声に包まれながら、ショーンの一夜限りの来日公演は幕を閉じた。

 ちなみに、会場の真ん中には巨大な一輪のバラがそびえ立っており、曲によって色が変わったり、曲と連動して点滅したり、「ショーン・メンデス ザ・ツアー」の象徴として最後まで重要な役割を果たしていた。

画像4: Photo:Sotaro Goto

Photo:Sotaro Goto

 ショーンはこのあと約1週間の中休みを挟んで、10月23日にオーストラリアでツアーを再開。同国で8公演、隣国のニュージーランドで1公演を行なったのち、11月末から南米ツアーをスタートさせる。

 今回の来日公演のセットリストが気になる方は、以下のリンクをクリックしてチェック!
 https://umj.lnk.to/ShawnMendes_Setlist_Japan

(フロントロウ編集部)

※記事公開後に追記しました。

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.