活動休止中のワン・ダイレクションのメンバーで現在ソロで活動するリアム・ペインが、同グループの活動を続けていたら自分は「死んでいただろう」と衝撃の告白をした。(フロントロウ編集部)

1D時代を振り返る

 2016年3月、人気絶頂のなか無期限の活動休止に入った超人気ボーイズグループのワン・ダイレクションのメンバーで、現在ソロで活動するリアム・ペインが、活動休止をしていなかったら自分は「死んでいただろう」と、ポッドキャスト番組『テーブル・マナーズ・ウィズ・ジェシー・ウェア(Table Manners with Jessie Ware)』で 打ち明けた。

 リアムのほかに、ハリー・スタイルズナイル・ホーランルイ・トムリンソン、そして活動休止を表明する直前に脱退したゼイン・マリクの5人で、2010年に音楽オーディション番組『Xファクター』のなかで結成されたワン・ダイレクション(以下1D)は、メジャーデビューを果たした2011年から2015年までの約5年間、毎年ニューアルバムをリリース&ワールドツアー開催という、殺人的なスケジュールをこなしていた。

画像1: 1D時代を振り返る

 最初は活動を休止をすることに「怖さ」を感じたとうリアム。しかし、グループの人気が高まれば高まるほど自分たちの手に負えなくなり、過剰労働のせいでプライベートな時間はおろか、自分の人生そのものがコントロール不能になってしまったという。自分について知る機会もなかったため、これといった趣味もなく、プライベートな時間があってもパパラッチに写真を撮られるのが嫌で家に引きこもり、完全に“世捨て人”のような状態に。

 こう当時を振り返ったリアムは、活動休止をしていなかったら「100パーセント、死んでいただろうね」と断言。

 ストレスからお酒に頼ることも増え、精神的にも相当まいっていたリアムと、彼と同じく疲弊しきっていたメンバーが下した決断が、グループの活動休止だった。

画像2: 1D時代を振り返る

 現在、それぞれが自分たちのペースでソロでの音楽活動を行なっている1Dの面々。一度離れたおかげで大切を実感したのか、具体的に“いつ”とは言っていないものの、リアムを含む全員が再集結に前向きな姿勢を見せている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.