イギリス王室のウィリアム王子&キャサリン妃が、ある「特別な理由」でシンガーのカミラ・カベロを自宅に招待。その時の模様を収めた写真が公開された。(フロントロウ編集部)

キャサリン妃&ウィリアム王子の「自宅」に招待

 人気シンガーのカミラ・カベロが、イギリス王室のウィリアム王子キャサリン妃の自宅であるバッキンガム宮殿に招待され、夫妻と対面した。

 この日、ウィリアム王子とキャサリン妃は、イギリス国内で目覚ましい活動を行なっている12歳から17歳までの功労者たちを称えるコンテスト『ティーン・ヒーローズ』のファイナリスト10名を宮殿内の広間に招待。

 今年で10回目を迎える英BBCラジオ主催の同イベントに“見届け人”のような役割で招待されたカミラは、難病と闘いながらも、同じ病気で苦しむ子供たちがたくさんいることを知って欲しいと啓発活動を行なう12歳の少女や、ネットいじめの撲滅運動を主導する17歳の少女、自閉症と治療が不可能だと言われる遺伝性圧脆弱性ニューロパチーと呼ばれる障害を抱えながらも家族のケアを続ける14歳の少女ら、自らが直面する困難を乗り越えて、他者のために善い行いをしようと尽力するティーンたちと交流した。

左から2番目のイエローのドレスがカミラ。

 カミラは、ウィリアム王子とキャサリン妃からの招待を受け、2人やファイナリストたちと対面した感想について、「ケンジントン宮殿にお招きいただき、ウィリアム王子とキャサリン妃とともに今年の『ティーン・ヒーロー』のみなさんにお会いできたことをとても光栄に思います。10代のみなさんが達成されたことに関するお話を聞き、とても感銘を受けました。彼らの他の人たちの助けになりたいという情熱と献身的な姿勢は素晴らしく、大変感動しました!」とBBCを通じてコメント。

 『ティーン・ヒーロー』の優勝者は、11月24日に開催される人気アーティストたちが多数出演するイギリス最大級のティーンの音楽イベント「BBC Radio 1 ティーン・アワード」で正式に表彰される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.