映画『ホーム・アローン』のマコーレー・カルキンが、人気急上昇中のシンガー/ラッパーのリゾのコンサートに登場。ステージにあがり、観客を沸かせた。(フロントロウ編集部)

マコーレーがリゾとセッション

 俳優のマコーレー・カルキンが、大ヒット曲「トゥルース・ハーツ」が7週間も米シングルチャート1位に君臨する話題沸騰中の女性アーティスト、リゾのコンサートを鑑賞。

画像: マコーレーがリゾとセッション

 米ロサンゼルスで行なわれたコンサートに観客として参加したマコーレーは、大盛り上がりの公演の途中にステージにサプライズ登場。

 リゾのコンサートでは恒例の、リゾとバックダンサーたちが歌って踊る「ジゴロ・ゲーム」のパフォーマンス中に、マイクを持ったマコーレーが突然ステージに上がり、リゾとセッション。

 リゾの掛け声とともにマコーレーは、片手を後頭部に当て、もう片方の手を進行方向に前後させながら片足で一周回る、オールドスクールなダンスムーブを披露すると、リゾとダンサーたちもそのダンスを真似して会場を盛り上げた。

 最後はリゾとマコーレーがギュッとハグをして、マコーレーはステージから退場。リゾとマコーレーの異色のコラボレーションに会場のボルテージはさらに高まった。

 そんな動画をマコーレー本人がSNSに投稿。「リゾがおかしなダンスをしてと言うなら…、ステージにあがっておかしなダンスをするんだ」と自虐的なコメントをつけてサプライズ登場した時の映像を公開した。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.