男性が女性の姿でパフォーマンスを行い、賞金を競い合うアメリカのリアリティ番組『ル・ポールのドラァグ・レース』の新企画が2020年に決定。有名セレブをドラァグクイーンに変身させる。(フロントロウ編集部)

有名セレブがドラァグクイーンに!

 Netflixで配信中の大人気リアリティ番組『ル・ポールのドラァグ・レース』は、女性の姿でパフォーマンスする男性の「ドラァグクイーン」たちが、カリスマ性、ユニークさ、度胸や才能を競い、「アメリカズ・ネクスト・ドラァグ・スーパースター」という称号と賞金を目指すという内容。毎回起こる人間ドラマや、審査員として登場する豪華ゲストたちが見どころとなっている。そんな『ル・ポールのドラァグ・レース』はなんと、プライムタイム・エミー賞を7個も受賞したことのある大人気番組。

画像1: 有名セレブがドラァグクイーンに!

 そして、現在10シーズンまで公開されている同番組から、新しいスピンオフ企画のお知らせが。今度は、アメリカの有名セレブを招き化粧と女装をほどこしてドラァグ・レースが行われるという。その名も『ル・ポールのセレブ・ドラァグ・レース』!

 各エピソードには、これまでのレースの卒業生クイーン、アリッサ・エドワーズ、トリクシー・マテル、ヴァネッサ・ヴァンジー・マテオ、アジア・オハラ、ボブ・ザ・ドラッグ・クイーン、キム・チー、モネ・X・チェンジ、モニーク・ハート、ニーナ・ウェスト、トリニティ・ザ・タックが登場。ゲストセレブを美しく変身させる手助けをする。

 主催者でドラァグ・クイーン界のレジェンド、ル・ポールは米Hollywood Reporterに「ドラァグをしたとしてもその人自身が変わるわけではありません。むしろ、自分とは何者かということを明確にしてくれるのです」とコメント。『ル・ポールのセレブ・ドラァグ・レース』で何が起こるか楽しみだという。

画像2: 有名セレブがドラァグクイーンに!

 レースに参加するセレブの数は12人。そのキャストはまだ発表されていないけれど、レース優勝者が獲得した賞金は、番組指定の慈善団体に寄付されるそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.