定番人気のフレンチネイルが進化した、先端部分のカラーをアレンジした「サイドフレンチネイル」が、今後新たな定番になる予感。セレブも取り入れている「サイドフレンチネイル」をさっそくチェック!(フロントロウ編集部)

「サイドフレンチネイル」とは?

 定番のフレンチネイルと言えば、ベビーピンクのネイルカラーをベースに、先端部分に白色のネイルを塗ったネイルデザイン。最近はこのカラーリングを変えたフレンチネイルも人気だけれど、新たに人気上昇中なのが「サイドフレンチネイル」。

画像: 「サイドフレンチネイル」とは?

 「サイドフレンチネイル」は、フレンチネイルのように爪の先端部分に入れる白色などのカラーを、真横に入れるのではなく斜めに入れるネイルスタイル。フレンチネイルのように上品でシンプルだけれど、フレンチネイルよりもエッジーで、今っぽさが演出できるとあってセレブをはじめ海外では大人気。

 フレンチネイルよりもシャープな雰囲気を演出できるので、甘くなりがちな王道のカラーリングに星柄のアートを足したネイルでも、子供っぽくならずにオシャレに仕上げることができる。

 また、先端部分のカラーは白色以外で取り入れるのもオシャレ。どんな雰囲気に仕上がるのか、次のネイルデザインの参考にいろんなカラーリングパターンをチェックしてみて。

「サイドフレンチネイル」デザイン集

 リアリティスターで実業家のカイリー・ジェンナーをはじめ人気セレブが御用達のネイリスト、ショーン・Pは、クライアントにさまざまな「サイドフレンチネイル」を施している。なかでもショーンは、トレンドのネオンカラーなどエネルギッシュな色を用いた「サイドフレンチネイル」がお気に入り。

 スニーカーと色を合わせた、タンジェリンオレンジ色の「サイドフレンチネイル」はスポーティな雰囲気がオシャレ。

 ブルーを使うとシックな雰囲気にチェンジ。デニムとの相性もバツグン!

 爪先をシャープに仕上げたネイルにパステルカラーで細めにカラーリングした「サイドフレンチネイル」は、主張しすぎないので取り入れやすい。

 また、サイド部分のデザインを進化させたネイルも増加中。光の加減で表情を変える金箔を使ったものや、トレンドの牛柄を取り入れたものなど、まだまだ「サイドフレンチネイル」の幅は広がりそう。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.