MCU映画『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズでメガホンを取るジェームズ・ガン監督が、期待される第3作目のヒントを明かした。(フロントロウ編集部)

『GOTG』続編についてコメント

 MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)の映画『アベンジャーズ/エンドゲーム』の制作に携わったジェームズ・ガン監督が、MCUに属する自身の監督作『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』シリーズの最新作について、ファンの質問に答える形でヒントを明かした。

 第3作目となる『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』の新作は、現段階では2021年以降に公開されるため、制作に入るのはまだ先の話。

画像: MARVEL STUDIOS/WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom

MARVEL STUDIOS/WALT DISNEY PICTURES / Album/Newscom

 加えてジェームズ監督は、2018年7月に発覚した過去の不適切発言問題によって一時的にディズニー(※)から解雇された間に、DCコミックスが原作の映画『スーサイド・スクワッド』の続編の監督に抜擢されたため、現在は2021年8月6日に全米公開される『スーサイド・スクワッド2』の制作で大忙し。
※MCUを制作するマーベル・スタジオは、ウォルト・ディズニーの傘下である。

 そんななか、ジェームズ監督がインスタグラムのストーリーを使ってファンからの質問に回答。なかでも多かった、『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』に関するファンの気になる質問に答えた。

画像1: 『GOTG』続編についてコメント

Q.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』の特別なアイディアはある?
A.「たっぷり。脚本はもう書いてある」

Q.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』では本物の科学者や物理学者と一緒に仕事をするの?
A.「NASAの科学者たちから助言をもらっているから、答えはイエス」

Q.『ガーディアンズ』のなかで一番自分と近いのは?
A.「ロケット」

Q.『ガーディアンズ』で単独映画化してほしいのは?
A.「ドラックス」

画像2: 『GOTG』続編についてコメント

Q.『スーサイド・スクワッド』と『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー』のトーンは似てる?
A.「かなり違うよ」

Q.ガモーラの状況に不満を感じていますか?(※)
A.「ノー。あらかじめ議論されていたんだ」-
※『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』と『アベンジャーズ/エンドゲーム』でガモーラに身に起きた出来事とその後の現状のこと。

Q.『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー3』でロケットにハッピーエンディングが訪れるかだけ教えてくれる?
A.「それは言えない。ごめんね」

画像3: 『GOTG』続編についてコメント

 また、多数寄せられた質問のなかからジェームズ監督に採用されたラッキーな日本人もおり、「日本人です。日本人は好きですか?」という質問に、ジェームズ監督は「日本は僕のお気に入りの国のひとつ。たくさん来日したことがあるし、日本人のファンは最高だよ」と嬉しいコメントを残してくれた。

画像4: 『GOTG』続編についてコメント

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.