ロックバンド、ジョナス・ブラザーズのニック・ジョナスがステージでのパフォーマンス中に「痴女の餌食」になるという事件が発生。犯人の女性の許されざるべき行為が観客のカメラに激撮された。(フロントロウ編集部)

背後から手が…!

 長男ケヴィン・ジョナス、次男ジョー・ジョナス、三男ニック・ジョナスから成る人気バンド、ジョナス・ブラザーズのツアー公演中に三男ニックが、観客の女性から執拗に下半身を触られるという被害に遭った。

 この日、米カリフォルニア州ロサンゼルスにある野外音楽堂ハリウッドボールで世界ツアー「ハピネス・ビギンズ・ツアー」の最初の一区切りを終えようとしていたジョナス・ブラザーズは、熱いパフォーマンスで観客たちを熱狂の渦に。

画像: 左から:ジョー、ケヴィン、ニック。写真はラスベガス公演で撮影されたもの。

左から:ジョー、ケヴィン、ニック。写真はラスベガス公演で撮影されたもの。

 ステージ上に作られた、ファンたちとの距離を最小限に縮められる通路に並んで立ち、全身全霊を込めて熱唱していた3人だったが、鮮やかなオレンジ色の衣装を着たニックの背後からある女性の魔の手が…。

 女性は、まず、ニックの太ももに触れ、さわさわと撫でるという行為に。近くに居たセキュリティスタッフが警告・制止したにもかかわらず、今度はお尻にタッチ。最終的には、足首からふくらはぎ、内ももにかけて手を這わせるようにニックの下半身を舐めるように撫でた。これには、さすがにニックも我慢ならなかったのか、歌唱中にも関わらず、女性のほうを振り返って注意。

 その模様がコチラ。

 この動画がネットで拡散されると、ファンたちからは、「失礼すぎる」、「立派なセクハラ」、「痴漢行為」とこの女性の卑劣な行いに対して怒りの声が噴出した。

 たとえ相手が男性とはいえ、了承無しに身体に触るのは、無論、性犯罪とみなされる。この女性がその後一体どうなったかは分からないが、正体がバレた暁には、ジョナス・ブラザーズのファンたちからコミュニティを追放されそう。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.