ハリウッドきっての環境保護活動家たちが、ついにスウェーデン出身の環境活動家グレタ・トゥーンベリと対面した。(フロントロウ編集部)

世界を変える16歳グレタ・トゥーンベリ

 16歳の環境活動家として、全世界の若者を引っ張って環境デモを行なっているグレタ・トゥーンベリ。しかし彼女の強気な姿勢に反発する人も多い。

画像1: 世界を変える16歳グレタ・トゥーンベリ

 そんななかグレタがついに、環境活動に熱心なセレブの代表とも言えるあの2人と対面した。

 それは、俳優のレオナルド・ディカプリオと、アーノルド・シュワルツェネッガー

画像2: 世界を変える16歳グレタ・トゥーンベリ

 ハリウッドの最前線で30年以上にわたって活躍するレオナルドは、1998年に環境保護団体「レオナルド・ディカプリオ財団」を立ち上げるほど、精力的に環境保護に取り組んでいる。過去に国連で環境に関するスピーチをしたり、環境保護のためのデモに参加したりしてきたレオナルドは、今年2019年に大きな問題となったアマゾン森林火災の際には、5億円以上の寄付をした。

 そんなレオナルドは、グレタと会えることを楽しみにしていたよう。

 インスタグラムにグレタとの写真を投稿したレオナルドは、「グレタ・トゥーンベリは、僕らの時代のリーダーになった」と断言。

 さらには、「グレタのメッセージが世界中にいるトップたちにとって、行動しない時期はもう終わりだというモーニングコールになることを願う。グレタと、他の若い活動家たちこそが、僕が未来に対して楽観的になれる理由だ」とまで言い、グレタの活動を非常に高く評価した。

 また、ターミネーター役で有名なアーノルドもグレタと対面。アーノルドは、米カリフォルニア州知事を務めていた2006年に、温室効果ガスの削減を義務づけるアメリカ初の州法の施行を成功させた。さらに現在は、環境保護をおろそかにする現アメリカ大統領ドナルド・トランプ政権に対抗する環境イニシアチブDigital Environmental Legislative Handbookを行なっている。

 環境保護に対して実践的な対策を率いてきたアーノルドは、「先週は友達と、そして私のヒーローであるグレタ・トゥーンベリと会えて素晴らしかった」と話し、なんとグレタをヒーロー呼び。

 さらに、一緒にサイクリングへ出かけたことを明かしたアーノルドは、自身の28歳の娘にグレタを紹介したことも明かした。

 ハリウッドきっての環境活動家たちがこぞって会いたがる16歳の少女グレタ・トゥーンベリ。彼女の活動に多くの人々がインスパイアされている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.