大物ラッパーのT.I.(ティーアイ)が毎年、娘を産婦人科に連れていき、処女膜があるか確認しているという衝撃の事実を明かした。(フロントロウ編集部)

T.I.が娘と行なう異常な習慣

 Netflixの音楽番組『リズム+フロー』でカーディ・Bとチャンス・ザ・ラッパーと共にホストを務めるラッパーのT.I.が、毎年、お年頃の娘と産婦人科を訪れていることをポットキャスト『Ladies Like Us』で明かした。

画像: T.I.が娘と行なう異常な習慣

 T.I.には、今年高校を卒業し現在は大学に通っている18歳の愛娘デイジャ・ハリスがいることから、話の内容は子育てと性教育のことに。

T.I.の愛娘デイジャ

 「ほとんどの子供は、後になって考えると、自分を傷つけることを親が許さなかったことに感謝するんだ」と子育てについて語ったT.I.は、その話題に発展して、性教育の一環として娘とセックスについての話し合いをしたことがあると明かした。

 それだけでなく、T.I.は「年一の旅行」として毎年娘と一緒に産婦人科に行って、娘の処女膜がまだあるかをチェックしているという衝撃の事実を告白。

 さらにT.I.は、娘が16歳の誕生日を迎えた直後に「婦人科 明日9:30」とメモ書きしたポストイットを娘の部屋のドアに張りつけたエピソードや、産婦人科の医師から情報共有するためには娘の承諾が必要だと言われたことも明かすと、「18歳の誕生日の時点で、彼女の処女膜はまだ失われていなかったと言える」と、18歳の娘が純潔を守っていることを全国ネットで暴露した。

 過保護とも取れるT.I.の行動にネット上では動揺の声が続出しており、娘と息子を持つモデルのクリッシー・テイゲンは、「間違いなく私たちは処女膜について話し合わないでしょうね」とツイートした。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.