俳優のティモシー・シャラメがラッパーのキッド・カディのステージに登場。果たしてティモシーのラップの腕前は?(フロントロウ編集部)

ティモシーがキッド・カディとコラボ

 映画『君の名前で僕を呼んで』や『レディ・バード』の出演で知られる俳優のティモシー・シャラメが、ラッパーのキッド・カディのコンサート中にステージに登場した。

画像: ティモシーがキッド・カディとコラボ

 ティモシーが訪れたのは、カリフォルニアのロングビーチにあるComplexConで開催されたキッドのライブ。ティモシーはなんとこの公演のオープニングでナレーションを務め、さらに楽曲「Feel the Love」ではバックダンサーを務めた。

 そのナレーションの様子がこちら。

ティモシーがラップを披露するのは3つ目の動画

 ティモシーがナレーションを務めたのは、楽曲「In My Dreams (Cudder Anthem)」のラップ部分。飛ぶ鳥を落とす勢いで活躍する俳優であるティモシーだけに、物怖じすることなくラップを披露した。

 そんなティモシーとキッドは意外な組み合わせのように思えるけれど、じつは2人は以前から交流があり、今年のキッドの誕生日パーティーにはティモシーが参加。カニエ・ウェストとピート・デビッドソンらと共にティモシーが写る写真が公開されたことも。

 ティモシーはキッドのファンであることを公言しており、過去には17歳の時に電車に12時間乗って、キッドのライブに行ったというエピソードを持っている。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.