米ロサンゼルスにあるユニバーサル・スタジオを訪れたグラミー賞シンガーのジョン・レジェンドが、ゲストが集まるステージ上でとんでもない醜態をさらした。(フロントロウ編集部)

ユニバで泥酔→自身のヒット曲を熱唱

 ラブソング「オール・オブ・ミー」などで知られるシンガーのジョン・レジェンドが、妻でモデルのクリッシー・テイゲンとともに、米ロサンゼルスを訪れた。

 ドレスコードを“つなぎ”に設定してパークに向かったジョンは、クリッシーがプレゼントでもらったという、自分の顔がプリントされた真っ赤なつなぎをチョイス。

画像: www.instagram.com
www.instagram.com

 目立ちまくりな服を着たジョンは、なんとパーク内でワインを飲みすぎて泥酔に近い状態に。ろれつが回らなくなるほど酔っぱらってしまったジョンは、テンションが上がったのか、DJブースとマイクがあるステージを発見すると、そこに乱入。自らヒット曲「オール・オブ・ミー」を熱唱した。

 自分に酔いしれるように自分の曲を歌っているジョンだが、音程が取れないし舌がもつれてリズムも合わせられない。抜群の歌唱力を持つジョンなのに、控えめに言ってもド下手な歌を披露して、妻のクリッシーだけでなく、黄色い声援をおくるゲストたちの笑いを誘った。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.