ドラマ『ストレンジャー・シングス』で大ブレイクした俳優のフィン・ヴォルフハルトが所属するバンドのカルプルニア(Calpurnia)が解散を発表した。(フロントロウ編集部)

結局来日果たせず解散

 Netflixドラマ『ストレンジャー・シングス 未知の世界』や、ホラー映画『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』に出演するフィン・ヴォルフハルトが所属するバンドのカルプルニアが約2年間のバンド活動に終止符を打った。

画像: 結局来日果たせず解散

 16歳のフィンがボーカルとギターを担当するカルプルニアは、平均年齢17歳の4人組バンド。同バンドは2017年にピクシーズやツイン・ピークスの楽曲のカバーをパフォーマンスするところから始まり、2018年には最初で最後となってしまったEP『Scout(スカウト)』をリリースした。

 2018年には東京のライブハウスでの公演、2019年にはフジロックフェスティバルへの出演が決定し、2度も来日が予定されていたカルプルニアだが、どちらも来日中止となり、結局バンドとしては一度も来日を果たせないまま、解散してしまった。

 カルプルニアのSNSには、「親愛なる友へ、このニュースを伝えるのはほろ苦いけど、カルプルニアとして演奏してきた私たちの時間は終わりを迎えます」と、解散を報告する最後のメッセージが記されている。

「この数年でもらったサポートにとっても感謝している。想像できないことが現実になったようで、この冒険をみんなとシェアできて最高だった。素晴らしい人々と出会い、一緒に働き、演奏できて光栄であり、バンドに訪れたファンタスティックな機会に感謝している。これからは、それぞれが人生の新しいチャプターに進んでいきます。私たちには新たなプロジェクトや音楽、冒険、経験が待っています。最後に、ロイヤル・マウンテン・レコードとマネージャーのビックス、家族のみんな、そして何より素晴らしいファンにありったけのありがとうの気持ちを伝えます。あなたたちを決して忘れないよ。 カルプルニアより」

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.