俳優のクリステン・スチュワートが、現地時間11月8日の夜におこわなれたアメリカン・シネマテーク・アワード・プレゼンテーションで、シックかつ大胆なスタイルを披露。(フロントロウ編集部)

スーツ&前全開ワイシャツ&メガネ

  映画『スノーホワイト』や『パニックルーム』で知られ、今年はリブート版『チャーリーズ・エンジェル』が公開される俳優のクリステン・スチュワートは、現地時間11月8日の夜にカリフォルニア州ビバリーヒルズのビバリーヒルトンホテルで開催された2019年アメリカン・シネマテーク・アワード・プレゼンテーション(AmericanCinematheque Award Presentation)に出席し、シックで大胆なスタイルを披露した。

画像1: スーツ&前全開ワイシャツ&メガネ

  現在29歳のクリステンは、黒いトム ブラウンの燕尾服の中に着たワイシャツのボタンを完全に全開にし、パンツにイン。セミオートのメガネにアディダスのシューズで合わせた。

画像2: スーツ&前全開ワイシャツ&メガネ

 クリステンが参加したアメリカン・シネマテーク・アワードは、映画界への大きな貢献を認められた人が受賞する賞。今年の6月上旬ごろ、2019年の受賞者はシャーリーズ・セロンであることが発表され、11月8日に授賞式が行われた。

画像3: スーツ&前全開ワイシャツ&メガネ

 シャーリーズは、これまでに33回行われた賞の中で7人目の女性受賞者で、南アフリカ出身としては初の受賞となる快挙を成し遂げた。

 そのお祝いに駆け付けたクリステンは、映画『スノーホワイト』で共演したシャーリーズを笑顔でほめたたえ、スピーチ。

画像4: スーツ&前全開ワイシャツ&メガネ

 そして、「これはマジでおかしく聞こえるかもしれないけど…マジでおかしいって言うのは、超かっこいいって意味でね…白雪姫にまつわるおかしな映画でシャーリーズと仕事したとき、『魔法』っていうのを本当に信じちゃったよ」とコメントした。

画像5: スーツ&前全開ワイシャツ&メガネ

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.