モデルのケンダル・ジェンナーが、シンガーのジャスティン・ビーバーにツイッター上であるメッセージを送った。(フロントロウ編集部)

ケンダルがジャスティンに送った言葉って?

 モデルのケンダル・ジェンナーが、ロサンゼルスで11日開催された音楽フェスCamp Flog Gnaw Carnivalを訪れた。ラッパーでプロデューサーのタイラー・ザ・クリエイターが主催する同イベントを訪れたケンダルには、友人として長い間関係を築いているモデルのヘイリー・ビーバーが同行。

画像1: ケンダルがジャスティンに送った言葉って?

 そんなケンダルとヘイリーが、屋外で音楽を楽しむ様子がキャッチされた。アーティストのパフォーマンスを鑑賞しながら、ハグをしてピッタリくっつくケンダルとヘイリー。ケンダルはこの動画を引用リツイートする形で、ツイッターにあるメッセージを書き込んだ。

「彼女は元々、私のものだったのよ。ジャスティン」

 ケンダルは、自身とヘイリーの仲の良さがよくわかるこの動画を引用して、ヘイリーの夫でシンガーのジャスティン・ビーバーに向かって直接ツイート。ウインクの絵文字をつけた茶目っ気のあるひとことで、親友ヘイリーとラブラブに過ごすジャスティンに、ヘイリーとの友情をアピールした。

画像2: ケンダルがジャスティンに送った言葉って?

 ジャスティンとヘイリーの共通の友人として知られるケンダル。以前にも、ジャスティンがヘイリーに向けてインスタグラムに綴った「君は僕のもので、僕は君のもの」というキャプションに、「ちょっとだけ私のものでもある」とコメントし、なんともキュートな嫉妬心をのぞかせたことがある。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.