シンガーのリアーナがインスタグラムを通じて自身の友人や家族、同僚たちに謝罪。彼女のメッセージは、しばしの「活動休止」を示唆している? (フロントロウ編集部)

突然の謝罪コメント

 表だった音楽活動とは距離を置いていたものの、コスメブランドやランジェリーブランド、そして今年立ち上げたハイファッションブランド「フェンティ(FENTY)」の運営といったビジネスに大忙しで、2019年も怒涛の1年を贈ったシンガーのリアーナ

 新アルバムのリリースが近いともウワサされる彼女が、突如、活動休止をにおわせる発言をした。

 少し不機嫌そうなセルフィーを投稿したリアーナはメッセージのなかで、「ここ数カ月間連絡を返せなかった友だち、家族、同僚のみんなへ…どうか私のことを許して。この1年はかなりいっぱいいっぱいな年だった。だから、私は今、“バランス”ってやつを大切にするための努力をすることにしたわ」と大切な人たちとの交流を後回しにしてしまったことへの反省と、仕事を優先するのではなく、プライベートをもっと大事にするという抱負を宣言。

 さらに、文末には「brb(be right back=すぐ戻ってくるね)」というスラングを添えて、しばしの間休暇に入り、ちょっとどこかへ出かけてくるといった口ぶりでまとめた。

 このことから、リアーナが、さまざまな仕事を一時ストップして、休息期間に入るのではないかと推測されている。リアーナは10月末にお忍び来日して日本でハロウィンを楽しんだばかりだが、それにも、羽を伸ばすという意味があったのだろうか?

画像: 黒人女性として史上初となる大手メゾンLVMHとの連携でファッションブランドの「フェンティ」を設立したリアーナ。実業家として成功した彼女は、推定資産が約650億円を突破し、米Forbesが発表した2019年の「世界で最も稼ぐ女性アーティスト」のトップに輝いた。

黒人女性として史上初となる大手メゾンLVMHとの連携でファッションブランドの「フェンティ」を設立したリアーナ。実業家として成功した彼女は、推定資産が約650億円を突破し、米Forbesが発表した2019年の「世界で最も稼ぐ女性アーティスト」のトップに輝いた。

 メッセージの真意のほどはわからないが、リアーナは軒並み大成功を収めているプロデュース業と並行して、新アルバムのレコーディングに取り組んできたと言われており、超多忙なスケジュールをこなしていたことは確か。この辺で、一度、ペースダウンして、プライベートを充実させたいという彼女の意向には、多くのファンたちが理解を示している。

 ちなみに、リアーナのスタイリストで「フェンティ」のコラボレーターでもある友人のジャリール・ウィーヴァ―が冗談まじりに「アルバムはどこ!?」と投稿にコメントすると、リアーナは「私の人生にそういうネガティブな声は必要ない!ブロックしちゃうぞ!」と切れ味抜群のジョークで返し、アルバムのリリース予定については、今は口にしたくないと反応していた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.