乾燥すると指先にできやすくなる「ささくれ」の痛みを和らげ、しっとり美しい指先に導いてくれる効果的なケア方法を専門家がアドバイス。(フロントロウ編集部)

地味に痛い、冬の大敵「ささくれ」

 爪のまわりの皮膚が部分的に剥がれている状態の「ささくれ」。指先が乾燥していたり、栄養不足が原因で起こると言われている「ささくれ」は、地味に痛いうえに、見た目も気になるもの。

 ささくれができてしまうと、気になって自分でむいてしまう人も多いと思うけれど、専門家によると、この行為はNG。

画像: 地味に痛い、冬の大敵「ささくれ」

 ネイリストのトレーシーは、「乾燥したささくれは、一見剥がれやすそうに見えるけれど、実はほとんどの場合まだ健康な皮膚とつながっている」と話し、無理に引っ張ると皮膚を深くえぐってしまい、ささくれの治りが遅くなると米メディアAllureにコメント。

ささくれには、オイルケア!

 そんな痛くて辛い「ささくれ」にオススメなのが「ビタミンEオイル」

 トレーシーによると、ビタミンEオイルは保湿効果が高く、爪の周りに塗ることで皮膚にうるおいを与え、乾燥による痛みを軽減してくれるとのこと。

画像: ささくれには、オイルケア!

 また、ビタミンEオイルは肌に浸透しやすいオイルのため、ささくれを柔らかくしてくれる効果も。柔らかくなったささくれを、ネイルシザーやニッパーでカットすれば、どこかにささくれを引っかけて悪化させることなく、スムーズに治っていくはずとアドバイス。

ささくれを予防するには

 最後にトレーシーは、ささくれを予防するコツも紹介。トレーシーいわく、ささくれを予防するポイントは、とにかく乾燥させないこと。トレーシーは、「大前提として、爪や皮膚は噛まないこと。唾液がつくと余計乾燥しちゃうからね。あと、毎日オイルで保湿する習慣をつけて」とコメント。日ごろからビタミンEオイルで保湿ケアを行なうことで、ささくれ知らずの健やかな指先が保てるという。

画像: ささくれを予防するには

 乾燥する季節に増えてくる痛いささくれは、放っておくと悪化する恐れがあるから、なるべく早めのケアが大事。指先の乾燥が気になったらプロのケア方法を参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.