2019年11月22~24日の3日間にわたって千葉の幕張メッセで開催されている東京コミコン2019。豪華な来日ゲストをはじめ、アメコミ、海外ドラマ関連までが一挙に集合している。そんな年に一度の祭典で、注目のブースや展示物をピックアップ!

体験型のブースも盛りだくさん

 広い会場には、アメコミ関連映画や海外ドラマの特設ブース、コミック作家が集まったゾーン、日本語訳されたアメコミ書籍のブースなど、多彩なグッズ売り場がひしめき合っている。

画像1: 体験型のブースも盛りだくさん

 会場入り口には、ソニー・ピクチャーズ エンタテインメントが主催の『スパーダーマン』と『ヴェノム』の特設フォトブースが。まるで作品の中に入り込んでしまったかのような臨場感あふれる写真を撮ることができる。

画像2: 体験型のブースも盛りだくさん

 ワーナー ブラザースのブースでは、「カーニバル」をテーマにハーレイ・クインやワンダーウーマンなどの華やかなパネルがズラリ。そして回り込んだ場所には、アナベルとペニー・ワイズが2人で座る恐ろしすぎるベンチがあり、そこは会場でも異様な雰囲気を発している見どころのひとつ。

画像3: 体験型のブースも盛りだくさん

 25周年を迎えたドラマ『フレンズ』からは、カフェ「セントラル・パーク」のカウチが用意されている。

画像4: 体験型のブースも盛りだくさん

 実際に座ることができる『ゲーム・オブ・スローンズ』の玉座もあり、てんこ盛り!

画像5: 体験型のブースも盛りだくさん

 日本未上陸の『バットウーマン』も大々的に宣伝されていて、ブースで行なわれているイベントに参加しツイートすると、キャットウーマンの大型バッグも手に入れることができる。

 TSUTAYAプレミアムのブースでは『バットマン』や『ゲーム・オブ・スローンズ』、『IT』のネイルアートを体験できるブースが。爪にもアメコミ要素を取り入れて、気分を上げてみては。

画像6: 体験型のブースも盛りだくさん
画像7: 体験型のブースも盛りだくさん

 スカパー!協賛のムービープラスのブースでは、映画『シャイニング』から、ジャック・ニコルソンになれるフォトブースが登場。ちなみに今月末には、映画『シャイニング』の続編映画『ドクター・スリープ』が公開を控えている。

画像8: 体験型のブースも盛りだくさん

 スターチャンネルのブースでは、HBOドラマ『ウォッチメン』の特設ブースも。ドラマ『ウォッチメン』はすでに海外で放送開始され、絶大な人気を誇っている作品。まだ日本で未放送の本作は、なんと2020年1月に日本上陸予定。東京コミコンでは、特別に『ウォッチメン』情報とグッズが先取りできる。

画像9: 体験型のブースも盛りだくさん

 マーベル/スター・ウォーズのブースでは、歴代『スター・ウォーズ』クロニクルを振り返ることができるイラストが並ぶ壮観。また、MCUのポスターも一覧で表示されているので、その歴史の重みを感じることもできる。

画像10: 体験型のブースも盛りだくさん
画像11: 体験型のブースも盛りだくさん

 そして今回特別に、新作映画『ブラック・ウィドウ』のポスターが6,000枚限定で配布されることになり、ブースの周りには長蛇の列。ゲットするのは至難の技といえそう。

 あいにくの雨ではあるけれど、東京コミコン初日は千葉の幕張メッセにて大盛況で開催中。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.