米スターバックスがグローバルレベルで掲げる「プラスチック製ストローの排除」を受けて、スターバックスジャパンが紙ストローに切り替えることを発表した。(フロントロウ編集部)

日本のスタバも紙ストローへ

 近年ますます関心が高まるプラスチックごみによる海洋汚染によって、世界中で脱プラスチックの動きが活発化していることを受けて、2018年7月に米スターバックスコーヒーは、全世界のスターバックスが2020年までにプラスチック製のストローを排除することを発表した。

 すでに欧米諸国のスターバックスでは、プラスチック製のストローの代わりに、ストローを使わずに飲める蓋である「シッピーカップ・リッド(Sippy Cup Lid)」などの使用に切り替えている。

画像: 日本のスタバも紙ストローへ

 そんな流れを受けて、スターバックスジャパンは、11月26日にプラスチック製のストローを紙製に切り替える詳しい時期を発表。すでに2020年夏までにプラスチック製のストローを全廃することを掲げているスターバックスジャパンは、今回、2020年1月から国内約1,500店舗で順次、紙ストローを導入していくことを明かした。

 同社はこれまで大量に使っていたプラスチック製のストローを、2020年3月までに紙ストローに切り替えるといい、来年2020年の夏までにそれを完了させる見込み。フラペチーノ等に使う口径の太いストローも5月から切り替えていくという。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.