大人気ホラー映画『ミッドサマー』は、2020年2月21日に日本公開される。“二度と見たくない”と評されることもある本作、アリアナ・グランデが毎晩見ているとつぶやいたことで話題に。(フロントロウ編集部)

いままでにない狂気のホラー

 ホラー映画『ミッドサマー』は、すでに海外で公開が始まっている作品。日本では2020年2月21日から全国ロードショーが決定している。

【あらすじ】
関係が冷え切ったヒロインのダニーと彼氏のクリスチャン。ダニーの身に不幸が起こった次の夏、別れられずにいた2人は大学の友達と5人で、スウェーデンの山奥の村で開かれる夏至祭を見に行く旅行に出かける。不思議な雰囲気に包まれるその村は、光にあふれ、花々がこぼれるように咲き乱れ、牧歌的な音楽が流れている、楽園のような場所だった。そんななか、90年に一度の祭が開かれることに、村人たちは心を躍らせる。5人は一体何を目撃するのか?

 本作は、通常のホラー映画とは全く違い、明るい太陽と笑顔の中で全てが起こる。狂気に満ちた世界観と、たたみかけるような地獄に、“もう二度と見たくない”という声も上がっているほど。

画像: ©B-REEL FILMS / Album/Newscom

©B-REEL FILMS / Album/Newscom

 監督はホラー映画『へレディタリー 継承』で一躍有名となったアリ・アスター。『へレディタリー 継承』も、多くの観客にトラウマを植え付けた、恐ろしい家族の疑心暗鬼と不条理を描いた作品。

 『ミッドサマー』は、サンダンス映画祭でプレミア上映された際に大絶賛をうけ、“あまりにも怖い”というウワサを聞きつけた映画好きがドはまりするという現象も起きている。

 特に『ミッドサマー』にハマっているのが、アリアナ・グランデ。

 かわいらしい犬の画像と共にTwitterに投稿したのは「『ミッドサマー』が寝る前のお気に入り映画なんだけど大丈夫かな?それとも助けを求めるべき?」というコメント。

 リプライ欄には、「助けてもらったほうがいいよ」や「誰も助けられない…」、「あのシーンではワンちゃんの目を隠してあげて」など、不穏なメッセージが並ぶ。

画像: いままでにない狂気のホラー

 DVDも発売されている海外では、2019年のハロウィンに衣装をマネしてコスプレをするのが流行。

 そんなホラー映画『ミッドサマー』は2020年2月21日に日本で公開される。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.