ダークカラーを楽しみたくなる秋冬のセルフネイルの悩みのひとつが、濃い色のネイルによって起きるマニキュアの色素沈着。そんな色素沈着したマニキュアを、家庭にある身近なアイテムで早くキレイに落とす方法を海外のプロが伝授。(フロントロウ編集部)

ダークカラーネイルは落としにくい

 秋冬のトレンドとして注目を集めている黒ネイルダークカラーネイルなどの秋色ネイルカラーは、季節感があって可愛いけれど、落としにくいのが難点。ベースコートを塗り忘れてしまった日には、うっかり色素沈着を起こしてしまったという経験はネイル好きなら1度はあるはず。

画像: ダークカラーネイルは落としにくい

 マニキュアの色素沈着は、爪の健康に影響はなく、時間と共に徐々に消えていくものだけれど、できるだけ早く落としたいのが正直なところ。そんな悩める人のために、ネイルのプロたちが簡単でキレイ、そしてスピーディーな落とし方を紹介した。

色素沈着の落とし方1.歯磨き粉

 最も手軽な方法が、どこの家庭にもある「歯磨き粉」を使って落とす方法。皮膚科医のダナ・スターン医師によると、研磨効果の高い“ホワイトニング歯磨き粉”を選ぶのがポイントとのこと。

画像: 色素沈着の落とし方1.歯磨き粉

 ダナは、色素沈着を起こしたマニキュアの落とし方について、「適切なスクラブとつけ置きが必要」と米メディアMarie Claireにコメント。色素沈着がマイルドな場合は、歯磨き粉をネイルにつけて数分放置し、その後湿らせた柔らかめの歯ブラシで優しくこすって洗い流すだけ。これだけで、除光液で落ちなかったマニキュアの色素沈着をかなり落とすことができるという。

色素沈着の落とし方2.重曹

 それでも色素沈着が落ちない頑固なネイルカラーには、「重曹」を使うのもひとつの手。米ネイルブランドOlive & June(オリーブ・アンド・ジュン)の創業者サラ・ギブソン・タトルは、「重曹はほとんどの汚れを落とす答え」とその洗浄力を絶賛し、ネイルの色素沈着にも役立つと米メディアInstyleに明かした。

画像: 色素沈着の落とし方2.重曹

 重曹の使い方についてサラは、「重曹と水を混ぜたペーストをネイルブラシや古い歯ブラシにつけて爪をやさしくこするだけ」とコメント。とくに色素沈着がひどい場合は、重曹ペーストに漂白作用のあるレモン汁を加えるのもオススメだそう。

 厄介なマニキュアの色素沈着もこれで解決。セルフネイルで困ったらプロのテクニックを参考にしてみて。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.