日本時間12月6日の早朝より行なわれたアヴィーチーの追悼公演のアーカイブが公開されている。(フロントロウ編集部)

生配信を見逃した人にもチャンスが

 2018年に28歳という若さで自ら命を絶ったエレクトロ・ダンス・ミュージック界のスーパー・スター、故アヴィーチーを追悼するために、アヴィーチーの地元スウェーデンのストックホルムにあるフレンズ・アリーナで開催されたトリビュート・コンサート「AVICII TRIBUTE CONCERT FOR MENTAL HEALTH AWARENESS」。

画像: 生配信を見逃した人にもチャンスが

 追悼公演には、過去にアヴィーチーの楽曲に参加したリタ・オラ、アダム・ランバート、アロー・ブラックらの合計19名のシンガー達が30名のバンド・メンバーと共に出演。日本時間12月6日の早朝に行なわれた追悼公演は、55,000枚のチケットが発売開始から30分でソールド・アウトとなっていたが、アヴィーチーのオフィシャルYouTube、インスタグラム、フェイスブックで世界中に発信されることとなり、世界中の多くの人が見入った。

 まるでアヴィーチーがその場にいるかのような追悼公演のアーカイブが公開されることが決定。残念ながらフルバージョンではなく後半のみだけれど、見逃した人やもう一度みたい人にとってはまたとない機会に。

画像: アヴィーチーの追悼公演、見逃した人も見られる方法とは?

 ファンだけではなく、思わずステージ上でパフォーマンスをするアーティストが涙する場面も見られたアヴィーチーの追悼公演。ヒット曲の数々が演奏され、アヴィーチーのこれまでが巨大スクリーンに映し出され涙を誘ったが、最後の最後は微笑んでいるアヴィーチーのアップの写真で締めくくられた。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.