グッとオシャレな印象になる「赤アイライナー」を使ったメイクアイデアと簡単な取り入れ方を紹介。さっそく、セレブも続々と取り入れているトレンドメイクをチェック。(フロントロウ編集部)
画像: 「赤アイライナー」でさりげなくトレンドをオン!オシャレ度高めの赤メイク

実は取り入れやすい「赤アイライナー」

 近年、各コスメブランドからカラフルな「カラーアイライナー」が数多く登場。可愛くて気になっているものの、どう使ったらいいか悩んで、まだ取り入れていないという人も多いのでは?

 そんなメイク女子に朗報! 今回はカラーアイライナーのなかでも肌なじみが良く、誰でも手軽にトレンド感が楽しめる「赤アイライナー」をピックアップ。

 赤アイライナーとひと言に言っても、エッジの効いたレッドから、落ち着いた色合いのバーガンディーまで色味はさまざま。海外のオシャレ女子のメイクを参考に、いつもとは違うムードたっぷりの目元を目指してみて。

赤アイライン:クランベリーレッド

 少し紫色の混ざったクランベリーレッドは、肌になじみやすく赤アイライナーのなかでも人気の高いカラー。赤アイライナーは、マスカラの色を統一するとオシャレ度がアップするのでオススメ。アイシャドウはソフトピンクで程よい血色感とメリハリをつけて。

赤アイライン:バーガンディーレッド

 クラシカルな雰囲気が魅力的な落ち着いた色のバーガンディーレッドは、アイライナーだけで十分主役級。アイシャドウはナチュラルに抑え、赤アイラインを引き立たせるのがこなれ感を出すポイント。アイライナーだけじゃ物足りない人は、マスカラをたっぷり塗って目力をアップさせて。

画像: 女優のキャサリン・ラングフォード

女優のキャサリン・ラングフォード

赤アイライン:ストロベリーレッド

 モデルのテイラー・ヒルは、ピンクみのある赤アイライナーをチョイス。赤のクリームアイライナーを目のキワに引いたら、綿棒などでアイラインをぼかしてみて。アイシャドウのように溶け込み、ナチュラルで柔らかい印象に仕上がるはず。深みのある秋色リップとも相性バッチリ!

赤アイライン:ボルドーレッド

 赤アイライナーだけだと使いこなせるか不安な人は、いつも使っている黒アイライナーを重ねてみるのもアリ。赤アイライナー1本より断然取り入れやすく、でもしっかりアクセントの効いたオシャレなアイメイクに早変わり。

赤アイライン:メタリックレッド

 メタリックと聞くと、主張が強いメイクになりそうで心配になるけれど、実はアイライナーなら手軽に取り入れられる。ほんのりラメが魅力のメタリック系の赤アイライナーは、目尻を長めに引いて色っぽい流し目メイクに仕上げるのがトレンド。

赤アイライン:チェリーレッド

 業界屈指のメイク好きで知られるリアリティスターのカイリー・ジェンナーも、さっそく旬の赤アイライナーをオン。のっぺりして見える赤のワントーンアイメイクは、目頭からアイホールにかけてベージュのアイシャドウを塗ることで、立体感を演出。

赤アイライン:マロンレッド

 あか抜けメイクをしたいなら、断然「囲み目メイク」がオススメ。女っぽさが際立つ茶色がかったマロンレッドなら、黒や茶色ほどコンサバになりすぎず、絶妙なバランスの赤メイクに。リップは赤リップにするとやりすぎ感が出てしまうため、ピンクやベージュが◎。

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.