あのKIMONO騒動の真相がついに本人の口から語られる!人気セレブであるキム・カーダシアンの補正下着ブランドのネーミングが日本の伝統文化の盗用にあたるとして、京都市長から抗議文が送られるほど大炎上した当時、キムに密着していた番組『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』のエピソードがついに12月23日よりdTVで日本初配信される。KIMONO騒動は2エピソードにわたって取り上げられる。(フロントロウ編集部)
画像: 『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』シーズン17はdTVで配信中。KIMONO騒動は12月23日より配信。 今すぐ番組を視聴

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』シーズン17はdTVで配信中。KIMONO騒動は12月23日より配信。

今すぐ番組を視聴

補正下着KIMONOは10年におよぶ構想だった

 当初KIMONO(キモノ)と命名された補正下着ブランドは、美容からアプリまで様々なビジネスの成功で300億円以上の総資産を持つリアリティスター、キム・カーダシアンが2019年6月に発表したもの。

画像: 密着番組で補正下着ブランドKIMONOについて語るキム 番組を今すぐ視聴

密着番組で補正下着ブランドKIMONOについて語るキム

番組を今すぐ視聴

 以前から自分の補正下着をオーダーメイドしてきたキムにとって、今回の商品化は10年も夢見てきたビッグプロジェクト。dTVで12月23日より日本初配信される『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』シーズン17第8話では、このブランドにかけるキムの熱意が伝わるシーンが登場する。

画像: 発表前に入念にデザイン確認をするキム 番組を今すぐ視聴

発表前に入念にデザイン確認をするキム

番組を今すぐ視聴

 そして、夫であるラッパーのカニエ・ウェストと共に毎年お忍び来日しており、東日本大震災の時には自分と1日過ごせる権利をチャリティオークションに出品して寄付金集めに協力したほどの親日家であるキムは、自身の名前KIMとかかるKIMONOというネーミングを心から気に入っていたことがうかがえる。

「文化の盗用」と炎上…京都市長の手紙を番組で音読

 しかし、いざSNSで補正下着ブランドのローンチを発表してみると、“KIMONO”というブランド名が「文化の盗用」として大炎上。

画像: KIMONO騒動は2エピソードにわたって取り上げられる 番組を今すぐ視聴

KIMONO騒動は2エピソードにわたって取り上げられる

番組を今すぐ視聴

 番組では当時のリアルなバッシングがそのまま放送され、キムの表情は一気に険しくなる。当時、家族にどうするのかと聞かれたキムは、色々な意見を見極めて「冷静な判断が必要」と答えていたが、そんななか、様子見していたキムにブランド名の変更を一瞬で決断させることが起きた。

 それが、京都市長の門川大作氏からの手紙

画像: 京都市長から抗議文を受け取ったキムの対応は迅速かつ真摯だった 番組を今すぐ視聴

京都市長から抗議文を受け取ったキムの対応は迅速かつ真摯だった

番組を今すぐ視聴

 広報を通して受け取った手紙を読んだキムは、京都市長の言葉を通して、日本文化における着物の重要性や、自分ではリスペクトを込めてつけた名前が逆に失礼にあたっていたことを理解して、その場で「絶対に名前を変えるべき」と即決断。

画像: 京都市長の言葉を読み上げるシーンも 番組を今すぐ視聴

京都市長の言葉を読み上げるシーンも

番組を今すぐ視聴

 すぐに広報に電話して「私たちの配慮が足りなかった」と反省。改名による損害への対応など細かいことはあとまわして、まずは改名そのものの決定をスタッフに知らせた。

 番組ではキムがカメラの前でインタビューに応えて、京都市長の言葉や、今回の騒動を経ての気持ちなどを語り、番組内で、炎上から改名までのキムの動きのすべてが明らかになった。

画像: 番組では後悔と反省の言葉を繰り返した 今すぐ番組を視聴

番組では後悔と反省の言葉を繰り返した

今すぐ番組を視聴
画像: 京都市長からの抗議文の日本語版(京都市公式サイトより)

京都市長からの抗議文の日本語版(京都市公式サイトより)

「10億円の損害」が出るとわかっていて改名を決断していた

 こうして、補正下着ブランドをKIMONOからSKIMS(スキムズ)に改名したキム。しかし実はブランド名の変更を決めたとき、キムはものすごい額の負債を背負う覚悟だったことが、今回の番組のなかで明らかになった。

画像: 舞台裏ではSKIMSへの改名作業のためチームが奔走した 番組を今すぐ視聴

舞台裏ではSKIMSへの改名作業のためチームが奔走した

番組を今すぐ視聴

 というのも、キムが改名を決めた当初、ブランド名の変更によって起こる損害金は約10億円と見積もられていたから!つまりキムは、10億円を失うと知っていながらも改名を決めていたということ。

画像: 姉の元パートナーに事情を説明するキム 今すぐ番組を視聴

姉の元パートナーに事情を説明するキム

今すぐ番組を視聴
画像: 10億円という金額は家族にとっても驚きを隠せない額だった 今すぐ番組を視聴

10億円という金額は家族にとっても驚きを隠せない額だった

今すぐ番組を視聴

 この10億円という損害金は、KIMONOという名前を発表した時点で、タグのロゴ入れやCM制作といった製造・マーケティングがほぼ終わっていたため。キムにとってビッグプロジェクトだったため、通常よりも多くの在庫を用意したことがアダとなってしまった。

 その後番組では、キムやスタッフがあの手この手ですでに用意されていた在庫を無駄にしない方法を模索。そのおかげもあって、当初の予想を大幅に下回り、損害は最小限で抑えられることになった。

画像: KIMONOというロゴを隠すための方法を協議するチーム 今すぐ番組を視聴

KIMONOというロゴを隠すための方法を協議するチーム

今すぐ番組を視聴

 『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』にて2シーズンにわたって取り上げられるKIMONO騒動は、dTVのE!Zoneチャンネル内で12月23日より配信される第8話と第9話で見ることができる。

『カーダシアン家のお騒がせセレブライフ』
シーズン8~17がdTVのE!Zoneチャンネルで独占配信中
最新のシーズン17の視聴はコチラから
米放送局E! Entertainmentチャンネルの日本版E! ZONEは、月額500円(税抜)で全作品見放題の動画・映像配信サービスdTV内にて視聴可能。
dTV内のE!Zoneチャンネル作品一覧はコチラから

(フロントロウ編集部)

This article is a sponsored article by
''.