新『チャーリーズ・エンジェル』の日本公開日が決定し、ポスターと予告編が公開された。(フロントロウ編集部)

エンジェルたちが約20年ぶりに帰ってくる

 2000年に、キャメロン・ディアスドリュー・バリモア、そしてルーシー・リューが3人のエンジェルを演じて大ヒットした映画『チャーリーズ・エンジェル』。

 かっこかわいい3人に魅了された2000年代初頭から早20年。新生エンジェルがついに、2020年2月21日に始動する。

 新たなるチャーリーズ・エンジェルとして選ばれたのは、映画『トワイライト』シリーズで一躍トップ俳優となり、最近ではクール系俳優として人気を博すクリステン・スチュワート。また、『アラジン』のジャスミン役で知られるナオミ・スコットがエンジェルの1人として新たな一面を見せ、抜群のスタイルを誇るイギリス出身の新星エラ・バリンスカが脇を固める。

 公開されたポスターでは、クリステン演じる変装のプロのサビーナ、ナオミ演じるハッキング・プログラミングのプロであるエレーナ、そしてエラ演じる戦闘能力に優れた元MI6のジェーンが、力強い瞳でこちらを見つめる。

画像: エンジェルたちが約20年ぶりに帰ってくる

 物語の主役はもちろん、国際機密企業チャーリー・タウンゼント社で特殊訓練を受けたエリート女性エージェント組織、通称“チャーリーズ・エンジェル”。エレーナがエンジェルにスカウトされ、3人がそれぞれのスキルを磨いていたその時、「新開発のエネルギーが兵器化される」という情報が。新生エンジェルたちが、その計画を阻止するために戦い始める…!

 新星『チャーリーズ・エンジェル』では、その音楽にも大注目。アリアナ・グランデマイリー・サイラス、そしてラナ・デル・レイという豪華な歌姫たちが初コラボを果たした「ドント・コール・ミー・エンジェル(Don’t Call Me Angel)」は、既に58の国と地域のiTunesチャートで1位を獲得するほどの大ヒットソングに。

 アリアナ、マイリー、ラナの3人は、予告編にもちらりと出演している。

 新『チャーリーズ・エンジェル』は、2月21日に全国ロードショー。(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.