日本時間2020年1月6日朝にザ・ビバリー・ヒルトン・ホテルで開幕した第77回ゴールデン・グローブ賞授賞式に、映画『ボヘミアン・ラプソディ』の女優ルーシー・ボイントンが登場。アーティスティックなアイメイクで視線を集めた。(フロントロウ編集部)

芸術的な美しさの「ラインストーン・メイク」がかわいい

 これまでもエッジの効いたアーティスティックなメイクで話題となってきた、女優のルーシー・ボイントンが、ゴールデン・グローブ賞授賞式でもお得意のメイクを披露。

画像: 女優のルーシー・ボイントン

女優のルーシー・ボイントン

 この日メイクを担当したのは、メイクアップアーティストのジョー・ベイカー。黒のラインで大胆に目頭から目尻まで大きく描き、そのラインに重ねるようにキラキラと光るのは、じつはラメではなく大小のストーン。

画像1: 芸術的な美しさの「ラインストーン・メイク」がかわいい

 目尻にもぎっしりとストーン並べられたデコラティブなメイクは、まばたきするたびにきらめき、シルバーのドレスとマッチして統一感のあるスタイルに。

 ちなみにこの日は、映画『ボヘミアン・ラプソディ』で共演し、交際中のラミ・マレックと一緒に登場。仲睦まじい姿を見せた。

画像2: 芸術的な美しさの「ラインストーン・メイク」がかわいい

(フロントロウ編集部)

この記事を気に入ったら、「FRONTROW」のfacebookページをいいね!する

This article is a sponsored article by
''.